【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:アレルギー・喘息

人が外的要因から身を守る手段の一つとして持っているのが免疫です。
この免疫が本来、人に対して害を与えることが無いものに対して身体が過剰に反応してしまうことで起きるのがアレルギー症状です。
アレルギー症状は何か特定の1つの症状があらわれるわけではなく、様々な種類があります。
当サイトでは、そんな様々なアレルギー症状に対して緩和や改善効果を持つ治療薬やサプリメントも多数取り揃えています。

 

CATEGORY COLUMN

アレルギーとは

アレルギーの女性

アレルギーとは、人が自らの身体を守るために備わっている「免疫」が過剰に反応してしまうことによって発症するものです。
アレルギーの原因となる物質は食材、ハウスダスト、花粉、ダニなども多岐にわたりますし、アレルギー症状は子供から大人まで年齢関係なく発症しますし、食物アレルギーや花粉症のようにそれまでは何の問題もなかったのに急に花粉症になってしまうというケースもあります。

喘息
喘息は、アレルギーの原因物質が呼吸などで体内に入ることでアレルギー症状を発症します。その結果、気管支が炎症を起こし腫れてしまうことで気道が狭くなり喘鳴や呼吸困難といった症状を引き起こしてしまいます。
アレルギー性皮膚炎
食事や接触によってアレルギーの原因物質が体内に入ったり皮膚と触れることで発症するアレルギー症状で蕁麻疹や湿疹といったものが、主な症状です。
アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニ、ハウスダストなどが呼吸によって体内に入り込むのを防ぐために、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状があらわれるアレルギーです。花粉によって発症する花粉症もこのアレルギー性鼻炎の1種です。
食物アレルギー
原因となる食物としては牛乳や蕎麦、小麦や甲殻類など種類も幅広く、食物アレルギーは蕁麻疹などの比較的軽度のものから意識障害などのアナフィラキシーショックで死亡リスクがある重度のものまで幅広くあります。

アナフィラキシーとは

救急治療

さまざまなアレルギー症状がありますが、命の危険が伴うほど過度なアレルギー反応をアナフィラキシーと呼びます。
平常時の7割未満へと急激に血圧が低下した場合や、皮膚や粘膜の症状である湿疹や唇の腫れと共に血圧や意識レベルの低下や呼吸困難が同時にあらわれた場合、短時間で皮膚や粘膜、呼吸器や循環器症状が複数現われた場合などがアナフィラキシーに該当するため、速やかに医療機関での治療を受けるようにしましょう。
また、アナフィラキシーから更に失神、血圧や意識レベルの低下などを伴う重症なものをアナフィラキシーショックと呼び、更に危険な状態となります。

そのため、アレルギーがある場合はアレルギーの原因物質を避けて生活することが重要になります。