【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:喘息

アレルギーによって引き起こされる疾患の一つに喘息があります。
喘息は、呼吸でアレルギーの原因物質を吸い込み体内に入ってしまうことで、気管支がアレルギー反応で炎症し腫れることで空気の通り道が狭くなってしまって喘鳴の症状がでたり、炎症して敏感になった気管支に埃などで刺激が加わることで咳などの発作症状があらわれます。
当サイトでは、喘息に使われる吸入タイプの治療薬や服用タイプの治療薬を取り扱っています。

 

CATEGORY COLUMN

喘息とは

喘息

ダニやハウスダスト、ペットの毛などが原因物質となって気管支がアレルギー反応をおこし炎症してしまうことが喘息の原因です。
炎症してしまった気管支は非常に敏感であり、ストレスやホコリ、タバコの煙などの刺激で咳や痰などの喘息発作を引き起こし、呼吸時にヒューヒューやゼーゼーといった音をともなう喘鳴であったり、気道が狭くなることで呼吸困難を引き起こします。
また、のどの痛みや違和感、胸の痛みなど呼吸系以外の症状があらわれる事もあります。

喘息は、ほこりやタバコの煙以外にも、ストレスや過労、車の排気ガスなど健康な人であれば何もないようなものでも刺激となって発作を引き起こしてしまうだけでなく、季節の変わり目や激しい気温差、疲れや風邪などの病気などによっても発作が起きやすくなります。

治療方法について

診察する医者

喘息には根本療法はありません。
喘息治療の基本は気管支の炎症を抑えて発作を予防すると共に、発作が起きた時に速やかに発作を抑える治療を並行して行います。
喘息発作が繰り返されると気道の粘膜が厚くなってしまうことで、治療がより困難な状態になるため、発作を起こさないようにコントロールしながら、発作が起きた時は速やかに抑える必要があるのです。

1.気管支の炎症を抑える治療

テオフェリン製剤

気管支の炎症を抑える治療には、炎症を抑え発作をコントロールすることから「コントローラー(長期管理薬)」とも呼ばれます。
アレルギーによる気管支の炎症を抑える治療としては、吸入タイプのステロイド薬を用います。
炎症を抑え気道を広げつつ、刺激などを受けても発作が起こらないようにする治療法です。
気管支の炎症を抑える治療として、吸入ステロイド薬を使う他に気道を広げるテオフェリン製剤やLABA(長時間作用型β2刺激薬)、気管支を収縮させるロイコトリエンの作用を抑制し気管支の収縮を抑える抗ロイコトリエン薬などを組み合わせて使われることがあります。

2.発作を抑える治療

発作治療薬

喘息発作を抑える治療に用いられるのは「リリーバー(発作治療薬)」と呼ばれます。
喘息発作を抑える治療には速やかに気管支を広げる効果があらわれる治療薬が用いられます。
炎症を抑えて気管支を広げるわけではないため、発作をコントロールしたりする作用はなく、炎症自体が改善するわけではないのでコントローラーを用いた治療と違って発作のリスクが下がるわけではありません。

発作を抑える治療に用いられるリリーバーとして代表的なものは、気管支を広げる作用がある短時間作用型β2刺激薬やテオフェリン製剤です。
テオフェリン薬は錠剤タイプの薬ですが、短時間作用型β2刺激薬には吸入タイプ、錠剤タイプがあります。

治療薬のタイプについて

喘息を治療するためのコントローラーやリリーバーは気管支の炎症を抑えたり、気管支を広げる効果があり治療薬の種類によって吸引して服用する吸入タイプや内服する内服タイプ、経皮吸収させる貼り薬タイプなどがあります。

吸入タイプ

アスタリンインヘラー

喘息治療薬の中でも幅広く活用されているのがこちらの吸入タイプの治療薬です。
コントローラー、リリーバー共に吸入タイプのものがあります。
コントローラーである長時間型β2刺激薬は12時間ほどの長時間効果があり、リリーバーの短時間型β2刺激薬でも3時間以上効果が持続します。

メリットとしては水を必要とせず簡単に服用できたり、効果が速やかにあらわれるといった点があげられます。
その一方で、吸入タイプの治療薬は吸入のために専用器具が必要になったりするため、その点には注意が必要です。

内服タイプ

喘息の治療に用いられる治療薬には内服タイプもあります。
内服タイプの治療薬には、ステロイド薬のほか抗ロイコトリエン薬、テオフェリン製剤などがあります。
ステロイド薬は吸入ステロイド薬と比べて強い作用に期待できますが、副作用のリスクも高くなる点に注意が必要です。
内服タイプの使い方は通常の治療薬と同じように決められた量を水かぬるま湯で服用するだけです。
しかし、水やぬるま湯が必要になるため、急な服用には適していない点に注意が必要です。