【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:皮膚炎

アレルギーの症状の1つとしてあるのが皮膚炎です。アレルギーの原因物質と接触することによって発症する湿疹やかぶれなどを指すケースが多いです。
アレルギーの原因物質は多岐にわたるため、アレルギー性皮膚炎の治療には、アレルギー症状の緩和と共にアレルギーの原因物質を特定し避けることが重要です。
現在では皮膚炎の治療薬も増えており、当サイトでも様々な皮膚炎の治療薬を取り揃えています。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

皮膚炎とは

皮膚炎の原因について

肌をかく女性

アレルギー性皮膚炎の原因はアレルギーの原因物質が皮膚に触れることで過剰に免疫が働くことで、炎症作用がおきるものです。

アレルギー性の皮膚炎以外にも、刺激性の接触皮膚炎(かぶれ)などもあります。
これは、人が本来持っている皮膚のバリア機能よりも強い刺激を受けることで発症する皮膚炎です。
アレルギーの有無に関係なく発症する可能性がある皮膚炎であり、症状のあらわれ方にも個人差があります。

皮膚炎の原因は、アレルゲン以外にも皮膚の乾燥によるバリア機能の低下、特定の治療薬、掻きむしりなど様々であり、原因を特定することが皮膚炎の根本的な治療の第一歩となっています。

皮膚炎の治療について

ステロイド外用薬

アレルギー性皮膚炎の治療にはステロイド外用薬が用いられます。
ステロイドは人の体内で作られているホルモンのであり、このホルモンを治療薬として使っているのがステロイド薬です。
アレルギー性皮膚炎に使われるステロイド外用薬以外にも、注射液や内服薬など様々な種類があります。

ステロイドには、免疫や炎症を抑制する作用があるため、免疫の過剰反応による炎症であるアレルギーに対して特に高い効果を持っているとされているため、アレルギー性皮膚炎の治療薬としてステロイド外用薬が選択されることが多く、幅広く利用されています。

ステロイド外用薬は幅広い効果があり塗るだけでその効果を発揮してくれるというメリットがあります。
その一方で、適切なステロイド外用薬を把握して使う必要があるというデメリットがあります。

ステロイド外用薬はランク分け消されており、ランクごとにステロイドの強さが違っています。
これは、皮膚からステロイドを吸収する時の吸収率が体の部位によって違っているためです。
皮膚の薄い部分では吸収率が高く、足の裏など皮膚の厚い場所では吸収率が低いため皮膚炎症状があらわれている場所によって適切なランクのステロイド外用薬を使うことで十分な効果に期待できるようになります。

皮膚炎の予防について

  • 原因となる物質との接触を避ける

    原因となる物質との接触を避ける

    皮膚炎を予防する一番の方法は、アレルギーの原因物質との接触を避けたり、刺激の強いものとの接触を避けることにあります。

  • 肌は常に清潔な状態を保つ

    肌は常に清潔な状態を保つ

    細菌による皮膚の炎症を予防するためには、皮膚を清潔な状態に保つ方法があります。皮膚を清潔に保つことによって、細菌が異常に繁殖しないような環境を作り炎症を予防することが可能です。

  • 保湿ケアを行い肌の潤いを保つ

    保湿ケア

    接触皮膚炎は、肌のバリア機能を越えた刺激を受けた時に発症します。皮膚が乾燥して水分が少ない状態では、肌のバリア機能が弱まり接触皮膚炎などのリスクが高まります。そのため、水分が少なくなりやすい洗顔後や入浴後などに化粧水や保湿剤を使って肌の水分を保ちバリア機能を高めることで、予防することができます。