【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:花粉症・鼻炎

アレルギーの1つであるアレルギー性鼻炎やその1種である花粉症は、多くの方が悩まされているアレルギーの1つです。
アレルギー性鼻炎、花粉症共に発症する人の数は依然として増加していますし、特に花粉症はそれまで全く問題なかったのに、翌年の花粉の季節から発症してしまうといったケースも珍しくありません。
当サイトではアレルギー性鼻炎を抑制する治療薬を多数取り揃えています。

 

CATEGORY COLUMN

花粉症・鼻炎とは

花粉症とは

花粉症

花粉症とは、その名の通り植物の花粉がアレルギーの原因物質となるアレルギー症状の1つです。
花粉が原因物質であることから、花粉が飛散する季節に症状があらわれるため季節性アレルギー性疾患とも呼ばれます。

花粉が鼻や目に入ることによって体で抗体が作られ、抗体が作られた状態で改めて花粉が体に取り込まれることで、クシャミや涙、眼の痒みといった花粉を体外へと排出する機能が働き花粉症を発症します。

花粉症の症状としては、上記の通りクシャミ、落涙、眼の痒み以外にも鼻水や鼻づまり、頭痛、充血など様々な症状があらわれます。

こうした花粉症の原因となる植物として一般的なものはスギやヒノキがあげられますが、それ以外にもブタクサやヨモギ、シラカバなどがあります。なかでもスギ花粉症に悩む方は非常に多く、スギ花粉に次いでヒノキなどがあげられます。
また、スギ花粉は関東から東海に多く、ヒノキ花粉は九州に多いといった地域による花粉の飛散量の差もあります。

花粉グラフ

花粉症の治療法について

診察

花粉症の治療には、さまざまな手法があります。
もっとも重要な治療法は「花粉そのものを避ける」ことですが、完全に避けることは難しかったりします。
そのため、手軽に始められる治療法から、手間のかかるけど高い効果をもつ治療法など幅広い治療の選択肢が現在では登場しています。
数ある治療法の中から、自分に適した治療法を選択して花粉症対策を行うことが重要です。

薬物療法(点眼・点鼻)

点眼

薬物を用いた治療法では、抗ヒスタミン薬や噴霧タイプのステロイド薬を用いた治療法になります。
アレルギー症状の原因となるヒスタミンの働きをブロックしたり、炎症を起こすサイトカインの産生を抑制することで症状を緩和、改善へと導きます。
薬物療法は一般医薬品などもあるため、手軽に花粉症治療を始められるのが大きなメリットです。
しかし、治療薬によっては医師の処方が必要になったりすることもあります。
治療薬を用いた治療になるため花粉の季節は継続して服用する必要があり、副作用のリスクがゼロではないというデメリットがある点にも注意が必要です。

金銭的な負担は、薬の購入だけであれば600~1,500円となっており、約1ヶ月使い続けられます。
薬との相性や効果の強さにも違いはありますが、手軽さという点では他のどの花粉症治療と比べても一番といえる治療法となっています。

レーザー治療

レーザー治療

花粉症のレーザー治療とは、鼻の粘膜をレーザーで照射し、固めることで花粉が付きにくくなることで花粉症の症状があらわれにくくする治療法です。

30分程でできる治療で痛みなどもほとんどなく、薬が効きにくい人でも効果が見込めるだけでなく妊婦や授乳中の医薬品が使えない方でも行えるといったメリットがあります。
その一方で、治療にかかる費用が高くても数千円で済む治療薬に比べてレーザー治療は1回あたり1万円以上と高くなってしまったり、治療後1~2週間は鼻詰まりや鼻水が多くなったりするため、花粉の時期に行うのではなく前もって治療しておく必要があるといったデメリットがあります。

また、レーザー治療は鼻の粘膜に対して行う治療であるため、眼のかゆみや充血などには効果がない点にも注意が必要です。

高周波電気凝固法

高周波電気機器

高周波電気凝固法はレーザー治療と同様に鼻の粘膜を凝固させる治療法です。
鼻の粘膜を凝固させることで花粉が付着しにくくなることによって花粉症の症状を緩和、改善します。

1回の治療にかかる費用は数千円とレーザー治療よりも安価で、治療時間も10~30分となっており、短時間で完了するといったメリットがあります。
また、レーザー治療で効果が十分得られなかった場合でも高周波電気凝固法であれば効果がある場合もあります。
その一方で、治療後はレーザー治療と同様に1~2週間は鼻水や鼻詰まりが多くなったり、目などの鼻以外の部分に対しては効果が無いというデメリットがあります。

舌下免疫療法

舌下免疫療法

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法の1種で、アレルギーの原因物質を日頃から舌下より吸収していくことによってアレルギー反応を緩和させていく治療法です。
原因物質である花粉に対してアレルギー反応が起こりづらくなる治療法であるため、他の治療法とは違って根本治療の1つといえます。
根本的に花粉症を治療できる唯一の治療法というのが何よりのメリットではあるものの、毎日治療薬の服用を行う必要があるだけでなく治療期間は最低でも3年以上と非常に長い期間継続して治療を行う必要があるというデメリットがあります。
また、治療費も年間で30,000円程必要になり、3年以上継続することから合計で90,000円以上必要になってしまう点にも注意が必要です。
また、継続して治療を行っても根治するのは20%程で、60%は改善、残りの20%は効果なしというように、全ての人が花粉症を根治できるわけではありません。

手軽な治療法ではないですが、現在ある治療法の中で花粉症の根治に期待できるという点では非常に大きなメリットを持った治療法といえます。

皮下免疫療法

皮下免疫療法

皮下免疫療法は、上記の舌下免疫療法と同じアレルゲン免疫療法の1種で、こちらは皮下にアレルギーの原因物質を注射することで、アレルギー反応を緩和、改善する治療法です。
メリットとしては舌下免疫療法と同じで、花粉症を根本的に治療できる可能性があること、完全な治療とはいかずともアレルギー症状を改善することができるといったメリットがあります。
また、皮下免疫療法では1週間~2ヶ月に1回の注射で良いため、毎日治療薬の服用が必要になる舌下免疫療法に比べて手軽です。
しかし、注射が必要になるため1週間~2ヶ月に1回の通院が必要になり、3年以上の長期間にわたる治療の継続が必要になるというデメリットがあります。
また、皮下免疫療法ではごくまれにではありますが全身症状などの副作用があらわれる可能性もあります。
治療費については、3年継続した場合でも、25,000円~30,000円となっており、より長期間治療を継続した場合はより舌下免疫療法よりも安価になります。

効果 費用 治療期間
医薬品(点眼・点鼻)
レーザー治療
高周波電気凝固法
舌下免疫療法
皮下免疫療法

花粉症の予防について

花粉症の女性

花粉症は根本的な治療の手法は登場していますが、治療期間や根治する確率という点を考えると、まだまだ根治は困難といっても過言ではありません。
そのため、花粉が舞う季節にはマスクや眼鏡で花粉が鼻や目に付くのを避け、花粉が付着しづらい素材の衣服を身に着けたり、衣服に付いた花粉を玄関に入る前に払い落とすといった予防法を行うだけでも、アレルギー症状が起きる可能性を軽減できます。

しかし、それでも完全に花粉を避けるということ自体難しかったりするため、治療薬による症状の緩和や改善が重要になります。
そんな治療薬を用いた花粉症の改善の手法として「初期治療」という方法があります。
これは花粉が飛散する前に治療薬を服用する治療法で、花粉シーズンになってから

・アレルギー症状があらわれるタイミングが治療をしない人より遅くなる
・アレルギー症状が治療をしない人に比べて軽くなる
・アレルギー症状がおさまるのが治療をしなかった人に比べて早くなる

という効果があるため、花粉症に悩んでいる場合にはやってみる価値のある治療法の1つになっています。