【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:カンジダ・トリコモナス

カンジダやトリコモナスの治療薬は原因である真菌、腟トリコモナス原虫に対して作用し痒みやおりものの異常を緩和、改善へと導いてくれます。
病院などで相談し辛いカンジダやトリコモナスを治療するための治療薬を当サイトでは多数取り揃えています。
性感染症で辛いけど、病院で相談するのはちょっと気が引けるという方も治療薬を使えば無理なく治療を進めて頂けます。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

カンジダ・トリコモナスとは

カンジダやトリコモナスの原因

性交

カンジダやトリコモナスと呼ばれる性感染症の原因は

・カンジダ⇒真菌
・トリコモナス⇒膣トリコモナス原虫

となっています。

カンジダの原因となる真菌はいわゆる常在菌と呼ばれる菌であり、健康な人に存在しています。
それが、増殖してしまうことで膣カンジダ症を発症してしまいます。
性行為などによってできた粘膜の傷に増えた菌が侵入することでさまざまな症状があらわれます。
また、性行為だけでなく、カンジダの原因は常在菌であることから体調不良やホルモンバランスの変化、病気などが原因となって常在菌のバランスが変化してしまいカンジダの原因菌が増殖してしまい、膣カンジダ症を発症してしまうこともあります。

一包、トリコモナスの原因となるトリコモナス原虫は性行為によって感染するのが主です。
性行為以外の感染経路としてはタオルや下着、浴槽などがあります。
そのため、性行為の経験がない女性や子供に感染するといった可能性もあります。

症状について

カンジダの症状

性別 症状
男性の場合 亀頭包皮炎、性器の赤み、ただれ、かゆみ、違和感、尿道炎、小膿疱、白苔
女性の場合 性器の強いかゆみ、多量のヨーグルト状や酒粕状の白いおりもの、性器のむくみ、赤み、痛み、性交痛

トリコモナスの症状

性別 症状
男性の場合 尿道から膿の排出、軽度の排尿痛、前立腺炎、尿道炎
女性の場合 泡状のおりものの増加、強いかゆみ、膣粘膜の赤み、斑状出血、おりものの悪臭

トリコモナスの症状は、男性の場合あらわれないことも多いため気づかずパートナーとの間でピンポン感染を繰り返す場合があります。

治療について

カンジダの治療

ニゾラルクリーム

カンジダの治療に用いられるのは、抗真菌薬と呼ばれるタイプの薬になります。
有効成分として配合しているのは、フルコナゾールやクロトリマゾール、ケトコナゾールやテルビナフィン、瑠璃コナゾールなどになります。
これらの有効成分は、細胞膜の成分であるエルゴステロールの生成を抑制します。
この作用によって、真菌の細胞膜が変化し成長が阻害されることで抗菌的に作用します。
治療にかかる期間は1週間程となっています。

トリコモナスの治療

チニバ

トリコモナスの治療には、チニダゾールやメトロニダゾールを成分とした治療薬が用いられます。
これらの成分が原因となるトリコモナス原虫のDNAの二重鎖を切断することによって、細胞を自死へと導くことで、トリコモナス原虫に対して殺菌的に作用します。
この作用によって、トリコモナス原虫の数を減少させていき、トリコモナスの症状を改善、治療へと導きます。
治療にかかる期間は、10日間程となっています。