【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:クラミジア・淋病

クラミジアや淋病の治療薬は原因となるクラミジア・トラコマティスや淋菌に対し効果を発揮します。
治療薬の効果によって、性器の痛みや痒みの症状を改善、完治へと導きます。
当サイトでは、クラミジアや淋病に対して効果を発揮する治療薬を、国内で処方されているものから海外で処方されているジェネリック医薬品まで幅広い種類の治療薬を取り揃えています。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

クラミジア・淋病とは

性交

クラミジアの原因はクラミジア・トラコマティス、淋病の原因は淋菌です。
クラミジア、淋病共に感染経路は性行為によって性器や喉の粘膜接触が主ですが、産道へも感染する場合があり分娩時に新生児へ感染する可能性があります。

淋菌は近年では、抗生剤に対して耐性を持つ耐性菌が増えおり、新型の抗生剤に対しても短期間で耐性を得ています。

症状について

クラミジアの症状

  症状
男性の場合 軽度の痒み、軽度の排尿痛、膿の排出、発熱、副睾丸の腫れ
女性の場合 おりものの増加、下腹部痛、性交痛、不正出血
喉に感染した場合 喉の腫れや痛み、発熱
直腸へ感染した場合 肛門の痛み、出血、直腸粘膜の変形
眼へ感染した場合 充血、腫れ

女性は、クラミジアの症状を感じないケースも多く、感染に気付かないことも少なくありません。
また、進行すると様々な疾患や不妊症などの原因となります。

淋病の症状

  症状
男性の場合 発熱、強い排尿痛、多量の膿の排出、副睾丸の腫れ、尿道の痒みや不快感
女性の場合 おりものの増加、不正出血、性交痛、下腹部痛、母子感染
喉へ感染した場合 口内炎

女性の場合、症状が出ないことも多く、症状が出たとしても軽微であるため感染に気が付かないことも少なくありません。
クラミジアと同様に進行することで不妊や様々な子宮周辺の疾患に繋がり、不妊の原因にもなります。
妊婦が感染した場合は、分娩時に新生児へ淋菌が感染する可能性もあります。
淋病の際に出産すると、失明や重篤な合併症のリスクがあります。

男性の場合は、淋菌が精巣まで到達することで、精巣上体炎を発症し歩行困難なほどの強い痛みを生じたり不妊の原因となる無精子症などにもつながります。

治療について

クラミジアの治療

アジスロマイシン

クラミジアの治療には、テトラサイクリン系やマクロライド系、ニューキノロン系の抗菌薬が用いられます。
よく利用されるのはマクロライド系のアジスロマイシンです。
アジスロマイシンはクラミジアの原因である、クラミジア・トラコマティスのタンパク質合成を阻害して増殖を抑制し減少させていきます。
治療にかかる期間は、1~2週間程となっています。

淋病の治療

アジー

淋病の治療にはセフェム系の抗菌薬セファロスポリンが用いられます。
また、セフェム系抗菌薬の点滴と共にマクロライド系のアジスロマイシンを併用することもあります。
アジスロマイシンを併用することで、耐性菌の抑止やクラミジアの治療もできるようになります。

セフェム系抗菌薬のセファスポリンは淋菌の細胞壁を作るたんぱく質に作用し、細胞壁の合成を阻害することで細菌を殺して減少させていきます。

淋菌は耐性菌も多いので淋病の治療は経過を確認しながら進めるため2~3週間の治療期間が必要になります。