【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:口腔ケア

対策自体に難しいことはないものの、口の中のトラブルに悩む人は男性女性問わず少なくありません。
口腔トラブルとして代表的な虫歯をはじめとして、歯の変色や歯周病、歯肉炎や口臭などその種類も多く、日常生活に支障をきたすようなものから、自分では気づかないものの相手に不快感を与えてしまうようなものまで幅広くなっています。
当サイトでは、そんな口腔トラブルをケアしたり予防するための商品を多数取り揃えております。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

口腔ケアとは

お口のトラブルについて

綺麗な歯

毎日の歯磨きなどで予防することができる口腔トラブルですが、きちんと対策ができていると思っていても実は対策が不十分で虫歯や口臭などのトラブルに繋がるケースは珍しくありません。

特に虫歯は初期の段階では、症状もほとんどなく自分で気づくことができず、ある程度症状が進行してから認識するということは少なくありません。
口臭に関しては、自分では全く気が付かないのに、他人には不快な思いをさせてしまっているなんてことも少なくありません。

それゆえに、日々のケアを適切に正しく行い、口腔内の環境を清潔な状態に保つことが重要です。
また、歯のトラブルは歯や歯を支える歯肉以外にも、全身に様々な症状があらわれることもあるため、適切な予防は重要になります。

日々のケアにより予防できる症状

虫歯

虫歯治療

虫歯とは、歯の表面を覆うエナメル質が虫歯菌によって溶けてしまって、歯に穴が開いてしまったりする症状です。
表面のエナメル質だけでなく、その下にある象牙質、歯の神経と呼ばれる歯髄といったり深部まで進行し、処置が遅くなればなるほど処置は難しくなって最悪の場合は抜歯しなければならない場合もあります。

虫歯菌は、歯の表面や歯の隙間に溜まる歯垢の糖分を分解して歯を溶かす酸を作るため、日々の歯磨きで歯垢を残さないようにすることが何よりの予防になります。

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯肉が炎症して腫れ、歯肉の下にある歯槽骨と呼ばれる骨が溶けてなくなる疾患です。
原因とされているのは、歯垢や親知らず、歯石や歯ぎしりなどとされています。
歯周病の進行によって歯を支えている歯槽骨が破壊されるため、歯の動揺や歯を支えることができなくなってしまい抜歯しなければならない場合もあります。

歯肉炎

歯周病

歯肉炎とは、歯周病の一種歯周病の中でも初期の段階にあらわれる症状です。
名称の通り、歯肉が炎症をおこして腫れてしまい小さな刺激でも出血などがおきてしまいます。
歯と歯肉の間や歯と歯の間に溜まった歯垢が原因となるため、適切な歯磨きで予防することができます。

口臭

口臭

口臭は様々な原因があります。
匂いの強い食べ物やお酒、たばこなどが口臭の原因になったり、歯の磨き残しで残った歯垢や歯石、舌の表面に付く細菌の舌苔が主な原因になります。
しかし、口臭の原因の中には口腔内のトラブルだけでなく、呼吸器系や消化器系の病気、肝臓病や糖尿病などが原因となっている場合もあります。
適切な口腔ケアを行っても、口臭が改善しない場合は、それらの病気に注意する必要があります。

歯の変色

歯の変色

歯の変色の原因となるのは、コーヒーや紅茶、ワインに含まれるタンニンやポリフェノール、煙草のヤニなどが歯に付着して、沈着することで発症します。
上記のようなことが原因となる変色の場合、歯磨きなどの適切なケアで沈着する前に汚れを落とし着色を防げます。
また、上記以外に抗生物質であるテトラサイクリンを使うことで歯が変色してしまう場合があります。
この場合、歯ブラシなどでの改善はできないため注意が必要です。