【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:多汗症

日常生活において汗に悩む場面があることは少なくありません。
汗をかきすぎて、日常生活に支障を及ぼすような場合、多汗症と診断されることがあります。
汗をかくだけでも、メイクが落ちたり、衣服に汗染みが付いたりしますし、汗をかくことでニオイなどの問題にも発展する場合もあります。
当サイトでは、発汗を抑制したり、汗をかいた後の匂いなどを緩和するような商品を多数取り揃えています。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

多汗症とは

汗の役割について

汗

本来、汗というのは高い気温や室温で高くなりすぎた体温を下げるための身体機能です。
かいた汗が気化する時に、体温を奪って下げる効果があります。
この体温を下げる効果によって、体温が上がりすぎることがなく長時間の運動が可能になったり、高い体温から熱に弱い内臓などを守る役割があります。
そのため、汗をかくこと自体は人が生きていく上で非常に重要なものなのです。

この汗は、汗が作られる汗腺によって、2種類に分類できます。
全身にあるエクリン腺から出る無味無臭の汗、わきの下や下腹部にあるアポクリン腺から出る汗の2種類です。
アポクリン腺から出る汗には、タンパク質や脂質などニオイのもととなる成分が多く含まれます。
アポクリン腺から出る汗に含まれるタンパク質や脂質が常在菌に分解されることで嫌な臭いを発するようになります。

体温の上昇や辛い物を食べた時などは、エクリン腺が主に働き全身にさらさらとした汗が多くなる一方、緊張した時などはエクリン腺と共にアポクリン腺からの汗も増えます。

そのため、汗のニオイを抑えるためには汗に含まれるタンパク質や脂質を分解する細菌の対策を行うことが重要になります。

汗のニオイが強くなる他の原因

動物性たんぱく質

汗のニオイが強くなってしまう原因として、食生活や活性酸素の増加などがあげられます。
食生活は、動物性たんぱく質が多い食事によって腸内の悪玉菌が増えることで汗のニオイが強くなってしまう可能性があります。

また、活性酸素が増えてしまうと過酸化脂質と呼ばれる加齢臭の原因につながります。
この過酸化脂質が増えることによって汗のニオイにも影響してきます。

汗や汗のニオイ対策について

プロパンテリンを配合した医薬品

汗や汗のニオイ対策として最も効果的なのは、汗をかかないようにすることです。
発汗を抑える効果を持つプロパンテリンを配合した医薬品が登場しており、多汗症の治療薬として活用されています。
このプロバンテリンは抗コリン薬と呼ばれるもので、アセチルコリンの働きを抑える効果があります。
人は汗腺にあるアセチルコリン受容体にアセチルコリンが結びつくことで汗をかきます。
プロバンテリンの作用でアセチルコリンが汗腺の受容体に結びつくのを妨げることで汗をかくのを抑制します。

上記のような医薬品以外にも、制汗剤として市販されている商品は多いですがこうした一般販売されている商品の多くは発汗そのものを抑える効果より汗のニオイを抑制するものが多くなっています。
医薬品とは違って発汗を抑制する作用は高くありませんが、市販品として手軽に手に取りやすいというメリットがあります。