【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:アフターピル

経口避妊薬の中でも緊急避妊を行うのが「アフターピル」です。
モーニングアフターピルなどとも呼ばれ、コンドームなどを用いた避妊に失敗した後でもアフターピルを服用することで事後での避妊が可能です。
事後でも90%以上もの高い確率で避妊を行えるため、望まない妊娠を避ける最後の砦ともいえるのがアフターピルとなっています。
当サイトでは、そんなアフターピルも数多く取り揃えております。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

アフターピルとは

緊急避妊の手法には2種類あり、それぞれの方法によって用いるアフターピルが違っています。
レボノルゲストレル法とヤッペ法と呼ばれる2種類で、それぞれの手法ごとに避妊効果の高さや服用するピルの回数、副作用の出やすさといった違いがあります。
当サイトでは、上記2種の手法の中でもレボノルゲストレル法に使われるアフターピルを多く取り揃えています。

避妊効果 服用時間 服用量 副作用
レボノルゲストレル法 非常に高い 72時間 1錠 出にくい
ヤッベ法 高い 72時間 2錠 出やすい

レボノルゲストレル法について

薬を服用する女性

レボノルゲストレル法とは、その名の通りレボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを服用し避妊する手法です。副作用リスクが小さいため安全性が高く、避妊効果も高いとして現在では主流の緊急避妊法となっています。

避妊が失敗した後でも24時間以内であれば、95%以上の非常に高い避妊率を誇り、72時間以内であれば十分な避妊率を誇ります。

しかし、72時間以上時間が経過してしまうと経過時間が長くなるにつれ避妊率は低下していくため、避妊失敗後は速やかに緊急避妊薬の服用が必要になります。

ヤッペ法について

2錠の薬

ヤッペ法とはレボノルゲストレル法が主流になる前に主流であった緊急避妊法です。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合したホルモン剤を服用して避妊を行います。

レボノルゲストレル法と同様に、避妊失敗後でも24時間以内であれば80%近い避妊率を誇りますが、時間の経過とともに大幅に避妊率が低下し、72時間経過すると避妊率は30%程まで落ちてしまうため緊急避妊に失敗するリスクが高くなります。

副作用のリスクも高くなっており、緊急避妊できても副作用に苦しむというケースは少なくありません。
また、ヤッペ法は2錠の薬を1錠ずつ分けて服用する必要があり、避妊失敗後に1錠、その12時間後に残りの1錠を服用しなければなりません。
2錠目の服用を忘れてしまうと避妊に失敗してしまうため、2錠目を飲み忘れてしまい避妊に失敗するというケースも珍しくありません。

病院で広く処方されているのはレボノルゲストレル

処方する医者

レボノルゲストレル法は服用回数が1度であるため、飲み忘れによる緊急避妊の失敗を避けられます。
避妊率は前述の通り24時間以内の服用であれば95%以上で72時間以内であれば80%以上となっており、ヤッペ法と比べて避妊率も高いという研究結果が出ています。
また、副作用リスクもヤッペ法に比べて低いため副作用の1つである嘔吐でアフターピルを吐いてしまい効果を得られなくなるというリスクも小さくなっています。
こうした避妊率や安全性の高さから、現在では日本国内で緊急避妊薬として幅広くレボノルゲストレルが処方されています。

しかし、避妊率がヤッペ法に比べて高いとはいえ、時間の経過とともに避妊率は低下しますし24時間以内に服用しても数%で妊娠してしまう可能性があるため、アフターピルは低用量ピルやコンドームを用いた避妊に失敗した時の最後の手段として考えておくことが重要です。