【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:低用量ピル

望まない避妊を避けるためのピルの1種である低用量ピルは、適切に使うことで99%以上というほぼ確実な避妊効果を発揮します。
また、低用量ピルはホルモンバランスを変化させて妊娠しない状態へと導く作用があり、ホルモンバランスが正常化することでPMSであったり生理不順の緩和や改善だけでなく、乱れてしまった生理周期の改善や生理周期のコントロールが可能です。
当サイトでは、さまざまな種類の低用量ピルを取り扱っています。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

低用量ピルとは

低用量ピル

低用量ピルとは有効成分として、女性ホルモンと同様の働きをする医薬品成分が含まれた経口薬です。
ピルには第一世代から第四世代まであり、それぞれに配合されている黄体ホルモンが違っていますが、基本的な効果に違いはありません。

毎日、決まった時間に継続して服用することによって体内のホルモンバランスを徐々に変化させていき、排卵を抑制します。この作用によって、妊娠しない状態になります。

低用量ピルは避妊のために利用されるイメージが強いものですが、避妊以外にもホルモンバランスの変化によって起きる、生理不順の改善や、PMSの改善、生理痛の緩和、生理周期のコントロールなど幅広い用途で利用されています。

第一世代

第一世代は最初に認可された世代の低用量ピルです。
黄体ホルモンとして配合されているのはノルエチステロンで、避妊だけでなくPMSの改善効果が高いといった特徴があります。

効果
メリット 生理痛やPMSを緩和する効果が高い。血栓症のリスクが低い種類のものもある。
デメリット 休薬期間が7日あるため、飲み忘れする可能性がある。飲み忘れによって避妊効果が弱まったり、消失する。

第二世代(レボノルゲストレル)

有効成分にレボノルゲストレルが配合されているのが第二世代の低用量ピルです。
国内ではトリキュラーやそのジェネリックであるラベルフィーユが認可、処方されており、幅広く利用されています。

効果
メリット 避妊、生理痛の緩和だけでなく、生理周期の調整作用が高く、不正出血のリスクも小さい。
デメリット 休薬期間が7日あるため、飲み忘れする可能性がある。飲み忘れによって避妊効果が弱まったり、消失する。

第三世代(デソゲストレル)

第三世代の低用量ピルは有効成分にデソゲストレルを配合しており、避妊以外に女性のニキビ治療にも利用されています。

効果
メリット 女性の大人ニキビに対する改善効果が高い。
デメリット 休薬期間が7日あるため、飲み忘れする可能性がある。飲み忘れによって避妊効果が弱まったり、消失する。

第四世代(ドロスピレノン)

最も新しい世代である第4世代の低用量ピルは有効成分にドロスピノレンを配合しています。
国内でもヤーズやヤーズフレックスと呼ばれるピルが認可、処方されておりPMSの治療に使う場合、保険の適用を受けることができます。

効果
メリット むくみにくい。成分量が少なく、副作用のリスクが小さい。
デメリット 休薬期間が4日となっており、24日の継続服用が必要になるため第三世代以前のピルよりも3日長く継続服用が必要になる。
世代 成分 有名な商品 副作用 飲みやすさ 価格
第一世代 ノルエチステロン シンフェーズ
第二世代 レボノルゲストレル トリキュラー
第三世代 デンゲストレル マーベロン
第四世代 ドロスビレノン ヤーズ

偽薬(プラセボ錠)について

プラセボ錠

低用量ピルは有効成分を含んだ実薬のみのタイプと、実薬+偽薬のタイプがあります。
基本的に低用量ピルは21日の間、1日1錠を継続して服用することで避妊を実現します。
実薬のみのタイプの場合、21日の継続服用後、7日間の休薬期間を開けて、新たなシートの1錠目の服用を開始します。
しかし、休薬期間として7日開くため、再開時に飲み忘れてしまうケースは少なくありません。

実薬+偽薬のタイプの場合、21日継続服用を行った後、7日間の休薬期間にも有効成分を含まない偽薬を1日1錠服用することで、毎日の服用を習慣付け、休薬期間明けの服用忘れを防止します。

偽薬はプラセボ錠とも呼ばれデンプンや糖分で作られ有効成分は一切配合されていません。
そのため、偽薬は実薬とは違って飲み忘れても何の問題はなく、服用習慣をつけて再開時の飲み忘れを防ぐためだけの存在となっています。

低用量ピルとタバコについて

タバコ

低用量ピルを服用する時に気を付けなければならないのが「喫煙」です。
低用量ピルを服用中の方で喫煙習慣がある場合、血栓症のリスクが非喫煙者の方よりも高くなります。
血栓症は血液の塊が血管を塞ぐことで、死亡のリスクもある重大なものです。
1日15本以上のタバコを喫煙する方かつ、35歳を超えた方の場合、血栓症のリスクが増加するとされているため低用量ピルを服用し避妊を行う場合は、禁煙することが重要です。