【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:プロペシア

プロペシアはAGA治療薬として国内でも認可処方されている治療薬の1つで、幅広い人に利用されています。
AGA=外用薬で頭皮に直接塗布するといったイメージを持たれる方が多いですが、プロペシアは内服薬しかありません。
当サイトではプロペシアだけでなく、プロペシアのジェネリックも多数取り扱っています。

CATEGORY LISTカテゴリー一覧

 

CATEGORY COLUMN

プロペシアとは

プロペシア

プロペシアは、AGAの脱毛を抑制し髪が正常に成長する環境を整えAGAを改善へと導く治療薬です。
AGAは男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロンが髪の毛の元となる細胞に対して栄養を送る毛乳頭細胞に取り込まれることで働きが弱まります。
その結果、髪の成長が十分に行われずに髪が抜け落ちてしまいます。

AGA治療薬であるプロペシアの有効成分であるフィナステリドは、テストステロンからジヒドロテストステロンを生み出す5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害します。
この阻害作用によってジヒドロテストステロンの量が減少し脱毛を抑制することで、AGAを改善へと導きます。

プロペシアには、AGAの原因となるホルモンの生成を抑制し脱毛を止める効果がありますが、髪の成長を促進させるといった育毛や発毛などの作用はなく、脱毛を止めることで自然な発毛や髪の成長によってAGAを改善していきます。

プロペシアはホルモンの産生を抑制するため毎日決まった量を服用する必要があります。
また、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの産生を抑制するため、性欲の低下や性機能の低下といった副作用があらわれることがあります。

服用期間について

プロペシアは継続して服用していくことで、AGAを改善へと導きます。
ここからは、実際に服用を開始してからどの程度の期間でどういった改善効果に期待できるかを紹介します。

実際にプロペシアでAGA治療を開始すると

治療期間 期待される効果
1~3ヶ月 初期脱毛が起こる
3~4か月 抜け毛が減る、うぶ毛が生えてくる
4~6ヶ月 うぶ毛が増える
半年以上 生え際の前進、ボリュームが増えたと実感
服用する男性

個人差はありますが、一般的には上記のような表のような形で活動を再開した毛母細胞が髪を押し出す初期脱毛が起き、脱毛が減っていき正常な髪の成長が始まっていき、ボリュームアップします。

実際に髪が増えたと周りにもわかるようになるのは、半年以上服用を継続して髪が正常に成長した状態からとなっています。
しかし、半年以上服用を継続しなければ効果が実感できないかというと、そういうわけではありません。
抜け毛の減少や産毛が生えて揃ってきているといった部分で、周りには気づかれづらいが自分では気づく部分でAGA改善の効果を実感できます。

実際に行われた臨床試験では、48週間プロペシアを継続服用した方の60%程がプロペシア服用によってAGAが改善したという結果が出ています。
また、上記の臨床試験後追加で48週間の継続服用によって、AGAの改善効果が維持されたという結果も出ています。
そのため、AGAの改善にはプロペシアを継続して服用することが非常に重要になっています。

プロペシアジェネリックについて

プロペシアジェネリック

現在、日本国内で処方されているプロペシアにはジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品はプロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドを配合しているため、同様のAGA改善効果に期待できます。

また、研究開発に多額の費用が必要になる新薬と違いジェネリックは製造までにかかるコストが大幅に安価であるためジェネリック医薬品自体の価格が新薬に比べて安いという特徴があります。
特に、プロペシアは継続して服用する必要がある治療薬であるため、こうした安価で購入できるという点は非常に大きなメリットの1つといえるでしょう。