【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カテゴリー:ステンドラ

ステンドラは、アメリカのMetuchen Pharmaceuticalsより製造・販売されているED治療薬です。
有効成分としてアバナフィルを配合したED治療薬となっており、バイアグラ、レビトラ、シアリスに続く第四のED治療薬といわれています。

こちらのステンドラもバイアグラなどと同様にジェネリック医薬品が多数登場しているため、安価でED改善を目指すことが可能になっており、当サイトでも数々のステンドラジェネリックを取り扱っています。

 

CATEGORY COLUMN

ステンドラとは

ステンドラ

ステンドラとは、シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルに続いて登場したアバナフィルを配合したED治療薬です。
最大の特徴は、効果発現の速さで3大ED治療薬の中でも早いレビトラが効果発現までに30分~1時間必要になるのに対し、ステンドラは15~30分で効果が発現します。

ステンドラの持つ効果の仕組みは、これまでのED治療薬と同様にEDの原因となるPDE-5に対する阻害作用をもっています。
健康な男性の場合、勃起をうながすcGMPとそれを破壊し勃起をおさめるPDE-5のバランスが取れています。
しかし、ストレスや疾患が要因となってcGMPとPDE-5のバランスが崩れ、PDE-5が多くなってしまうことで性的な興奮や刺激を受けてもPDE-5の勃起をおさめる作用が勝ることで勃起しなくなったり、性行為中に中折れしたりします。

ステンドラのアバナフィルが、PDE-5の作用を阻害するためcGMPが壊されず量が増えることで正常な勃起や中折れを防ぎます。
アバナフィルの効果は、PDE-5に対して作用するだけであるため興奮したりといった催淫作用はありません。

cGMPは勃起をうながすために血管を拡張する作用があるため、顔のほてりや頭痛、動悸や鼻づまりといった副作用を起こす場合があります。

ステンドラジェネリックについて

アバナ

第四のED治療薬であるステンドラには、同じアバナフィルを配合したジェネリック医薬品があります。
日本国内でも、ステンドラジェネリックがクリニックなどで処方されています。

価格はステンドラ1錠で3,000円程しますが、ジェネリックの場合1錠あたり300円程と1/10という破格で手に入れることが可能になっています。