【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

フルニル(プロザック)

フルニル(プロザック)1 フルニル(プロザック)2 フルニル(プロザック)3 フルニル(プロザック)4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

フルニル(プロザック)は、プロザックのジェネリック医薬品です。
プロザックはアメリカで認可、処方されている抗うつ薬の1つで世界保健機関(WHO)にも必須治療薬の1つとして認定されているほど重要な医薬品です。
現在、日本国内ではまだ認可、処方はされていませんが海外では幅広く利用されているため、比較的安心してご利用いただけます。
フルニルはそんなプロザックと全く同じ成分を配合したジェネリックであるため、現在プロザックを輸入して使っているという方はフルニルにするだけでコストを抑えるのにも繋がります。

店長のオススメポイント

  • 海外で認可されているジェネリック医薬品
  • WHOの必須医薬品にも収録されている

フルニル(プロザック) 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 100錠 ¥2,500(¥25/錠) ¥2,150(¥22/錠) 64pt
10mg × 200錠 ¥5,000(¥25/錠) ¥3,950(¥20/錠) 118pt
10mg × 300錠 ¥7,500(¥25/錠) ¥5,300(¥18/錠) 159pt

フルニル(プロザック) 20mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg × 100錠 ¥3,500(¥35/錠) ¥3,220(¥32/錠) 96pt
20mg × 200錠 ¥7,000(¥35/錠) ¥6,200(¥31/錠) 186pt
20mg × 300錠 ¥10,500(¥35/錠) ¥8,860(¥30/錠) 265pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 フルニル(プロザック)
成分 塩酸フルオキセチン
効果 抗うつ
副作用 下痢、食欲不振、胃炎など
飲み方 1日1回、1~2錠(20mg)を水またはぬるま湯で服用します。
製造元 Intas Pharmaceuticals

PRODUCT DETAIL商品詳細

フルニル(プロザック)の効果

フルニルの有効成分であるフルオキセチンは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。

セロトニンは、心のバランスを整える作用がありセロトニン濃度が低下することによって、不安やうつ症状があらわれます。

フルオキセチンは、選択的に脳内で分泌されたセロトニンの再取り込み(回収)を阻害することによって、セロトニンが低下しすぎるのを防ぐことで、さまざまな抗うつ作用や抗不安作用を発揮します。

フルニル(プロザック)の服用方法

服用量

1日1回20mgを水かぬるま湯で服用します。
肝機能障害がある方や高齢者などの方は服用量を減らす必要があります。

1日の服用上限は80mgとなっています。

タイミング

1日1回20mgの服用の場合、服用タイミングに関する規定はありません。
服用量を増やす場合は、朝に1回もしくは朝とお昼の2回で服用します。

フルニル(プロザック)の注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

副作用リスクを高める可能性があるため、アルコールの摂取はしないでください。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害薬 (エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン)
セロトニン症候群のリスクが高いため、MAO阻害薬の服用中止後14日以内のプロザックの使用や、プロザック使用中止から5週間以内のMAO阻害薬の服用は厳禁です。
ザイボックス、リネゾリド、メチレンブルー セロトニン症候群のリスクが高いため併用は禁忌となっています。
オーラップ、チオリダジン QT延長のリスクがあるため併用は禁忌です。

併用注意

ベンゾジアゼピン 精神運動能力のさらなる低下リスクがあります。
セロトニン作動薬 (アマージ、ナラトリプタン、イミグラン、スマトリプタン、ゾーミッグ、ゾルミトリプタン、レルパックス、エレトリプタン、マクサルト、リザトリプタン、デュロテップ、ワンデュロ、フェンタニル、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、リーマス、トラムセット、トアラセット、トリプトファン、ブスピロン、イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、テシプール、セチプチリンマレイン酸塩)
セロトニン症候群のリスクが高まります。
抗精神病薬 (セレネース、ハロペリドール、ネオペリドール、ハロマンス、クロザリル)
ハロペリドールとクロザピンのレベルが上昇する可能性があります。
抗けいれん薬 (アレビアチン、ヒダントール、テグレトール、カルバマゼピン)
フェニトインとカルバマゼピンのレベルが上昇する可能性があります。
ワルファリン (ワルファリンK、ワーファリン)
出血リスクを高める可能性があります。

服用できない方

  • ・フルオキセチンに対して、過敏症の既往歴がある方
  • ・眠気や思考能力の低下などの副作用リスクがあるため、運転や高所作業をされる方
  • ・プロザックの服用を中止してから5週間以内にMAO阻害薬を服用する方
  • ・精神障害の治療を目的としたMAO阻害薬を中止してから14日以内の方
  • ・リネゾリドまたはメチレンブルーの静脈内投与を受けている方
  • ・ピモジドを服用中の方
  • ・チオリダジンを服用中やプロザックの服用を中止してから5週間以内のチオリダジンを使用する方
  • ・妊婦の方

副作用

重大な副作用

自殺念慮、セロトニン症候群、アレルギー、アナフィラキシー、発作、異常出血、過食症、うつ病性障害、パニック障害

その他の副作用

全身 頭痛、無力症、インフルエンザ症候群、発熱、悪寒、急性腹症、光線過敏症、斑状出血、点状出血、紫斑
心血管系 血管拡張、動悸、不整脈、低血圧
消化器系 嘔気、下痢、食欲不振、口渇、消化不良、便秘、鼓脹、嘔吐、嚥下障害、胃腸炎、胃炎、下血、胃潰瘍、血清下痢、十二指腸潰瘍、食道潰瘍、胃腸出血、吐血、肝炎、消化性潰瘍、胃潰瘍出血
代謝及び栄養障害 減量
神経系 不眠症、緊張感、不安、傾眠、めまい、身震い、性欲減退、異常思考、情緒不安定、アカシジア、運動失調、平衡障害、歯ぎしり、頬骨症候群、離人症、陶酔感、筋緊張亢進、性欲増進、ミオクローヌス、パラノイド反応、妄想
呼吸器系 あくび、咽頭浮腫
皮膚 発汗、発疹、痒み、脱毛症、紫斑性発疹
特殊感覚 味覚障害、散瞳
泌尿・生殖器系 排尿障害、婦人科出血

保管方法

・高温多湿を避けた場所で保管してください。
・子供の手の届かない場所で保管してください。
・直射日光の当たらない場所で保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。