【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

シアリス

シアリス1 シアリス2 シアリス3 シアリス4
  • ED治療薬
  • シアリス

0件のレビュー

シアリスは国内でも処方されているED治療薬の1つです。
タダラフィルという有効成分が、正常な勃起を促し満足な性交渉を実現します。
ED治療薬には様々な種類がありますがその中でもシアリスは最長の効果持続時間を持っています。
効果が持続する時間は36時間ともいわれ、1日以上効果が持続することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。
週末の金曜日の夜に服用しても、日曜日の午前中まで効果が継続するため土曜日には服用のタイミングを気にせずに性交渉を実現できます。

店長のオススメポイント

  • 2013年世界のED治療薬市場でのシェア第一位!
  • 日本でも処方されている薬だから安心

シアリス 20mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg × 4錠 ¥9,100(¥2,275/錠) ¥6,900(¥1,725/錠) 207pt
20mg × 12錠 ¥27,040(¥2,253/錠) ¥20,700(¥1,725/錠) 621pt
20mg × 28錠 ¥62,920(¥2,247/錠) ¥48,300(¥1,725/錠) 1,449pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 シアリス
成分 タダラフィル
効果 ED改善
副作用 頭痛、鼻づまり、顔のほてりなど
飲み方 性交渉の1時間前に1回1錠をみずまたはぬるま湯で服用
製造元 Eli Lilly

PRODUCT DETAIL商品詳細

シアリスの効果

ED治療薬のシアリスは有効成分であるタダラフィルが、勃起を促します。

男性の体内には勃起をおさめる酵素と勃起を促す物質があり、EDになるとこのバランスが崩れてしまって勃起をおさめる酵素が多い状態になってしまいます。

その結果、性的に興奮して勃起を促す物質が増えても、それ以上に酵素が多いため勃起を促す前に分解されてしまい勃起ができない状態になってしまいます。

タダラフィルは、そんな勃起をおさめる酵素の働きを邪魔することで、勃起を促す物質が正常に働けるようにして勃起へと導きます。

シアリスの服用方法

服用量

1日1回、1錠を水やぬるま湯で服用します。
また、服用上限量は1日1錠となっているため、上限を越えないように注意しましょう。

タイミング

シアリスは個人差はありますが、1時間程度で血中濃度が高まり効果があらわれるため性交渉の1時間程前に服用するのが推奨されています。
効果時間が36時間と非常に長いため、1時間前と決まったタイミングでなく数時間前や起きてすぐといったように予め服用していても十分な効果を発揮してくれます。

シアリスの注意点

食事の影響の有無

シアリスに配合されているタダラフィルは食事の影響を受けません。
そのため、食事について気にする必要なく服用して頂けます。

アルコールの影響の有無

シアリスに対してアルコールが影響を及ぼすことはありません。
しかし、臨床試験の結果では、過度な飲酒を行った人が眩暈やふらつきがあったという報告があるため過度な飲酒は避けておくと良いでしょう。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

シアリスには併用に当たって禁忌とされる医薬品や注意となる医薬品があります。

併用禁忌

併用注意

アデムパス(sGC刺激剤) 併用で血圧の過度な低下を起こす可能性があるため。
硝酸剤及びNO供与剤 (アイトロール、イソコロナール、シグマート、ニコランジル、ニトロール、ニトログリセリン、ニトロダーム、ニトロペン、バソレーター、フランドル、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ミリスロール、メディトランス、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド、硝酸イソソルビド)タダラフィルと同様に血管拡張作用があるため、過度な降圧作用が働く可能性があるため。
CYP3A4阻害剤 (アナストロゾール、アプレピタント、アリミデックス、イトラコナゾール、イトリゾール、イメンド、エクリラ、エリスロシン、エリスロマイシン、エンペシド、オラデオ、オラビ、カイロック、カソデックス、カレトラ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、クロトリマゾール、ケトコナゾール、ザーコリ、ザンタック、サンディミュン、シクロスポリン、ジフルカン、シメチジン、ジョサマイ、ジョサマイシン、タオン、タガメット、ダクルインザ、ダフクリア、ディアコミット、テネリア、デプロメール、ニゾラール、ネイリン、ネオーラル、ノウリアスト、ノービア、ノクサフィル、ノフロ、ノルフロキサシン、パーロデル、バクシダール、パドパリン、パピロック、ビカルタミド、ブイフェンド、プリジスタ、ブリリンタ、フルコナゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、プレバイミス、プロイメンド、プロジフ、プロセキソール、ブロモクリプチン、ブロモクリプチンメシル酸塩、フロリード、ボノサップ、ホメピゾール、ボリコナゾール、マインベース、マリオットン、ミコナゾール硝酸塩、ラニチジン、ラパリムス、ラベキュア、ルコナック、ルボックス、ルリコン、レイアタッツ、レクシヴァ、ロズリートレク)
タダラフィルの代謝を阻害する効果があり、副作用のリスクが高まる恐れがあるため。
α遮断薬 (アーチスト、アロチノロール塩酸塩、イフェンプロジル酒石酸塩、ウインタミン、エブランチル、オーラップ、オランザピン、カルデナリン、カルベジロール、クエチアピン、クロザリル、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、サアミオン、シクレスト、ジプレキサ、シロドシン、セチプチリンマレイン酸塩、セロクエル、セロクラール、タムスロシン塩酸塩、テシプール、デタントール、テトラミド、ドキサゾシン、トランデート、ナフトピジル、ニセルゴリン、ハイトラシン、バソメット、ハルナール、パルナック、ビプレッソ、ヒルナミン、フリバス、ミニプレス、ミルタザピン、ユリーフ、ラベタロール塩酸塩、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、リフレックス、レギチーン、レボトミン、レボメプロマジン、レメロン、ローガン)
失神などを伴う血圧の低下があったという報告があるため。
ハンプ(カルペリチド) 血管拡張作用の効果が重複し、降圧作用が増強されるおそれがあるため。
降圧剤 (アムロジピン、アムロジン、エナラート、エナラプリル、エナラプリルマレイン酸塩、カンデサルタン、セリース、セロケン、ノルバスク、ブロプレス、メトプロロール酒石酸塩、レニベース、ロプレソール)
降圧剤との併用によって、血圧が下がる効果が強くなるおそれがあるため。
(CYP3A4誘導剤) (D・E・X、アーリーダ、アクトス、アストモリジン、アフタゾロン、アプレピタント、アメナリーフ、アレビアチン、イソミタール、イメンド、インテレンス、エリザス、オイラゾン、オルガドロン、カルバマゼピン、サンテゾーン、ジャドニュ、ストックリン、スンベプラ、ゼルボラフ、ソルコート、タフィンラー、タルグレチン、テイカゾン、デカドロン、デキサート、デキサメサゾン、デキサメタゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、テグレトール、デフェラシロクス、トラクリア、トランコロン、ノーベルバール、ノーモサング、ピオグリタゾン、ビジュアリン、ヒダントール、フェノバール、フェノバルビタール、プロイメンド、プロメタゾン、ボアラ、ホストイン、ボセンタン、ミコブティン、メサデルム、メサペイン、モディオダール、リファジン、リファンピシン、リフキシマ、リメタゾン、ルピアール、レナデックス、ワコビタール)
タダラフィルの代謝が強くなり、十分なED改善効果に期待できなくなる恐れがあるため。
HIVプロテアーゼ阻害剤 (カレトラ、ノービア、プリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ)
タダラフィルとの併用によって、タダラフィルの代謝が低下し副作用のリスクが高まる恐れがあるため。

服用できない方

  • ・タダラフィルに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤を服用している方
  • ・sGC刺激剤を服用している方
  • ・心血管系障害によって性行為ができないと考えられる方
  • ・不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある方
  • ・コントロール不良の不整脈、 低血圧(血圧<90/50mmHg)の方
  • ・コントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100 mmHg)の方
  • ・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある方
  • ・脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  • ・重度の肝障害のある方
  • ・網膜色素変性症患者の方

副作用

重篤な副作用

過敏症 発疹、蕁麻疹、スティーブンスジョンソン症候群、顔面浮腫などの症状があらわれることがあります。

その他の副作用

循環器 紅潮、動悸、ほてり、血管拡張、心拍数増加、胸痛、狭心症、高血圧、頻脈、低血圧、心筋梗塞、心臓突然死、湿疹、起立性低血圧
感覚器 眼の充血、目の異常感、霧視、視覚障害、眼痛、流涙、結膜充血、視野欠損、結膜炎、乾性角結膜炎、眼瞼腫脹、耳鳴、色覚変化、網膜静脈閉塞、非動脈炎性前部虚血性視神経症、網膜動脈閉塞、回転性眩暈
消化器 消化不良、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、腹痛、胃不快感、悪心、上腹部痛、腹部膨満、軟便、嚥下障害、胃刺激症状、便秘、食道炎
肝臓 肝機能異常、ALP上昇
筋骨格 背部痛、四肢痛、筋痛、関節痛、金痙攣、筋骨格痛、頸部痛、臀部痛、筋骨格硬直
精神・神経系 頭痛、睡眠障害、眩暈、錯感覚、不安、偏頭痛、傾眠、脳卒中、感覚鈍麻
泌尿・生殖器 排尿困難、持続勃起症、勃起の延長
呼吸器 鼻閉、鼻炎、副鼻腔うっ血、喀血、呼吸困難、鼻出血、咽頭炎
皮膚 紅斑、爪囲炎、多感、掻痒症
その他 疲労、疼痛、体重増加、熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇、無力症

保管方法

・冷暗所(高温多湿でなく、直射日光が当たらない場所)で保管してください。
・子供の誤飲を防ぐため、子供の手が届かない場所に保管してください。
・シートから取り出した錠剤は保存が効かないため速やかに服用してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。