【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

マレグラPRO(女性用バイアグラ)

マレグラPRO(女性用バイアグラ)1 マレグラPRO(女性用バイアグラ)2 マレグラPRO(女性用バイアグラ)3 マレグラPRO(女性用バイアグラ)4
  • ED治療薬
  • 女性用バイアグラ

0件のレビュー

男性用のED治療薬であるバイアグラと同じ有効成分を配合した女性向けのバイアグラが「マレグラPRO」です。
マレグラPROを服用することによって、性器やその周辺の血行が良くなり性的感度を高める効果が期待でき不感症を改善へと導きます。
マレグラPROは女性向けバイアグラの中でも安価で購入できる商品となっているため、既に他の女性向けのバイアグラを服用されている場合は、そのままマレグラPROへ服用する薬を変更するだけで費用を抑えるといったことも可能な場合があります。

店長のオススメポイント

  • 女性が安心して使えるバイアグラ
  • 不感症を改善することができる

マレグラPRO(女性用バイアグラ) 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 10錠 ¥4,000(¥400/錠) ¥2,500(¥250/錠) 75pt
100mg × 30錠 ¥12,000(¥400/錠) ¥7,000(¥233/錠) 210pt
100mg × 60錠 ¥24,000(¥400/錠) ¥12,400(¥207/錠) 372pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 マレグラPRO(女性用バイアグラ)
成分 シルデナフィル
効果 不感症改善
副作用 頭痛、紅潮、口の渇きなど
飲み方 性交渉の1時間程前に水または、ぬるま湯で1錠を服用する。
製造元 Sunrise Remedies Pvt. Ltd.

PRODUCT DETAIL商品詳細

マレグラPRO(女性用バイアグラ)の効果

マレグラPROは女性向けのバイアグラとして、有効成分であるシルデナフィルがPDE-5の働きを阻害することによって性器やその周辺の血流を促進し性感を高めます。

性感の高まりによって、膣分泌液の分泌が促進し濡れやすくなることで、性交痛を和らげるといった効果もあります。

マレグラPRO(女性用バイアグラ)の服用方法

服用量

1日1回1錠を水かぬるま湯で服用します。
1日の服用上限量は1錠となっています。再度、服用する際は24時間以上の時間を空けて服用するようにしてください。

タイミング

マレグラPROに配合されているシルデナフィルは1時間程度で最高血中濃度に到達するため、性交渉を行う1時間程前に服用すると、最も高い効果に期待できるようになります。性行為の1時間前に服用してください。
個人や体調によって異なりますが、効果は30~60分で現れ始め、持続時間は4~6時間ほどとなっています。

個人差はありますがラブグラは効果があらわれるまでの時間は1時間程となっています。
そのため、服用するタイミングとして適しているのは性行為を行う1時間程前です。
効果自体は4~5時間継続するため、早すぎなければある程度早めに服用して問題はありません。

マレグラPRO(女性用バイアグラ)の注意点

食事の影響の有無

マレグラPROは食事の影響を大きく受け、効果発現までの時間が空腹時と満腹時で1時間と3時間と3倍近く変化してしまいます。
そのため、空腹時の服用が推奨されています。

アルコールの影響の有無

マレグラPROとアルコールの併用は適量の場合は効果の促進に期待できます。
しかし、過度な飲酒を行った場合、アルコールの降圧作用とシルデナフィルの降圧作用が過剰に働いてしまうおそれがあります。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

マレグラPROには併用禁忌の他、併用注意もあるため他の薬を服用している方は注意する必要があります。

併用禁忌

アミオダロン塩酸塩 アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩
作用機序は不明ですが、QTc延長があらわれるおそれがあるという報告があります。
グレープフルーツジュースや果実 グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類という成分が、シルデナフィルの分解酵素を抑制してしまい、効果が強く現れすぎてしまうリスクがあります。
NO供与剤及び、硝酸剤 (ミリスロール、ニトログリセリン、ニトロダーム、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ミリスロール、メディトランス、ニトロペン、亜硝酸アミル、エトロール、フランドル、急頃ナール、硝酸イソソルビド、愛トロール、一硝酸イソソルビド)
併用することで、血圧を低下させる作用が2重になってしまい血圧が低下しすぎてしまうリスクがあります。
sGC刺激剤 (アデムパス)
血管を広げる作用がシルデナフィル、sGC刺激剤共にあるため全身の血圧が下がりすぎてしまうリスクがあります。

併用注意

シルデナフィルと同様に降圧作用があるため、めまいなどの自覚症状を伴う降圧作用があったという報告があります。
ハンプ(カルペリチド) カルペリチドとシルデナフィルともに、血圧を下げる作用があるため併用で降圧作用が強くなりすぎるおそれがあります。
α遮断薬
降圧剤 (アムロジピンなど)
降圧剤との併用で降圧作用が増強したという報告があります。
チトクロームP450 3A4阻害薬 (アナストロゾール、アプレピタント、アリミデックス、イトラコナゾール、イトリゾール、イメンド、エクリラ、エリスロシン、エリスロマイシン、エンペシド、オラデオ、オラビ、カイロック、カソデックス、カレトラ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、クロトリマゾール、ケトコナゾール、ザーコリ、ザンタック、サンディミュン、シクロスポリン、ジフルカン、シメチジン、ジョサマイ、ジョサマイシン、タオン、タガメット、ダクルインザ、ダフクリア、ディアコミット、テネリア、デプロメール、ニゾラール、ネイリン、ネオーラル、ノウリアスト、ノービア、ノクサフィル、ノフロ、ノルフロキサシン、パーロデル、バクシダール、パドパリン、パピロック、ビカルタミド、ブイフェンド、プリジスタ、ブリリンタ、フルコナゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、プレバイミス、プロイメンド、プロジフ、プロセキソール、ブロモクリプチン、ブロモクリプチンメシル酸塩、フロリード、ボノサップ、ホメピゾール、ボリコナゾール、マインベース、マリオットン、ミコナゾール硝酸塩、ラニチジン、ラパリムス、ラベキュア、ルコナック、ルボックス、ルリコン、レイアタッツ、レクシヴァ、ロズリートレク)
シルデナフィルを代謝する酵素を阻害して血中濃度の低下速度が遅くなり、副作用のリスクが高まります。
チトクロームP450 3A4誘導薬 (D・E・X、アーリーダ、アクトス、アストモリジン、アフタゾロン、アプレピタント、アメナリーフ、アレビアチン、イソミタール、イメンド、インテレンス、エリザス、オイラゾン、オルガドロン、カルバマゼピン、サンテゾーン、ジャドニュ、ストックリン、スンベプラ、ゼルボラフ、ソルコート、タフィンラー、タルグレチン、テイカゾン、デカドロン、デキサート、デキサメサゾン、デキサメタゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、テグレトール、デフェラシロクス、トラクリア、トランコロン、ノーベルバール、ノーモサング、ピオグリタゾン、ビジュアリン、ヒダントール、フェノバール、フェノバルビタール、プロイメンド、プロメタゾン、ボアラ、ホストイン、ボセンタン、ミコブティン、メサデルム、メサペイン、モディオダール、リファジン、リファンピシン、リフキシマ、リメタゾン、ルピアール、レナデックス、ワコビタール)
シルデナフィルを代謝する酵素を誘導して、シルデナフィルの血中濃度を低下させ効果が十分に発揮しないリスクがあります。

服用できない方

  • ・マレグラPROの成分に対して過敏症の方
  • ・重度の肝機能障害を患っている方
  • ・低血圧(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)の方
  • ・管理がされていない高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)の方
  • ・6ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の治療や診察を受けた方
  • ・進行性の夜盲症を患っている方
  • ・未成年の方

副作用

ほてり、胸痛、動悸、頻脈、高血圧、不整脈、心筋梗塞、低血圧、湿疹、不完全右脚ブロック、頭痛、めまい、傾眠、昏迷、異常感覚、四肢痙攣、記憶力低下、興奮、緊張更新、思考以上、神経炎、神経過敏、神経症、不安、不眠、無気力、AST増加、ALT増加、LAP増加、LDH増加、血中トリグリセリド増加、γ-GTP増加、血清リン脂質上昇、血中アミラーゼ増加、血中アルブミン減少、血中ビリルビン増加、総蛋白減少、悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛、おくび、胃炎、胃不快感、下痢、口唇乾燥、舌障害、白舌、便秘、腹部膨満、嚥下障害、便秘、陰茎痛、朝立ちの延長、半勃起持続、勃起の延長、持続勃起、射精障害、尿路感染、前立腺疾患、関節痛、背部痛、骨痛、筋肉痛、呼吸障害、咽頭炎、軌道感染症、副鼻腔炎、鼻出血、鼻閉、鼻炎、掻痒症、脱毛症、男性型多毛症、発汗、皮膚乾燥、皮膚障害、後半、眼瞼掻痒症、発疹、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、リンパ球減少症、赤血球減少症、ヘマトクリット増加、リンパ球増加症、好酸球増加症、赤血球増加症、白血球増加症、眼充血、結膜炎、視覚障害、眼乾燥、眼痛、彩視症、屈折障害、光視症、味覚異常、味覚消失、流涙異常、羞明、霧視、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴、視力低下、CK増加、熱感、BUN増加、インフルエンザ症候群、リンパ節症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、血中尿酸増加、ウロビリノーゲン陽性、尿中蛋白質陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽性、無力症、疲労、過敏正反応、感染症、疼痛

保管方法

・お子様などが誤飲しないよう手の届かない場所にに保管してください。
・高温多湿や直射日光が当たらない場所に保管してください。
・シートから取り出した錠剤の保管はできません。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。