【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

フォルカン

フォルカン1 フォルカン2 フォルカン3 フォルカン4
  • 性病/感染症
  • カンジダ・トリコモナス

0件のレビュー

フォルカンはカンジダなど真菌が原因による感染症の治療薬です。
有効成分のフルコナゾールはアゾール系の抗真菌薬に分類され、クリプトコッカス属とカンジダ属に対して特に有効です。
副作用も少なく軽度で済むことが多いため、2011年には小児に対しても投与を認められているほど安全性が高いです。
また、吸収も早いため服用から3日ほどで効果を実感できます。
フォルカンはジフルカンのジェネリック医薬品のため、先発薬に比べ安価で購入することができます。

店長のオススメポイント

  • ジェネリック医薬品のため安価で購入できる
  • 副作用が少なく、症状も軽度で済む

フォルカン 150mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
150mg × 20錠 ¥3,000(¥150/錠) ¥2,600(¥130/錠) 78pt
150mg × 40錠 ¥6,000(¥150/錠) ¥5,030(¥126/錠) 150pt
150mg × 60錠 ¥9,000(¥150/錠) ¥7,190(¥120/錠) 215pt

フォルカン 200mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
200mg × 12錠 ¥3,200(¥266/錠) ¥2,780(¥232/錠) 83pt
200mg × 24錠 ¥6,400(¥266/錠) ¥5,380(¥224/錠) 161pt
200mg × 36錠 ¥9,600(¥266/錠) ¥7,680(¥213/錠) 230pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 フォルカン
成分 フルコナゾール
効果 カンジダ
副作用 食欲不振、腹痛、下痢、発疹など
飲み方 1日1回、50~200mgを服用。
製造元 Cipla

PRODUCT DETAIL商品詳細

フォルカンの効果

フォルカンの有効成分であるフルコナゾールには真菌による感染症の症状を改善する効果があります。

真菌とはカビの仲間を指しており、皮膚の細胞内で増殖することで様々な症状を引き起こします。体力や抵抗力が落ちている時は肺や消化器で異常繁殖することもあります。

フルコナゾールは真菌の細胞膜に作用し主成分であるエルゴステロールの合成を阻害します。細胞膜の機能に障害を与えることで真菌の増加を抑え、死滅へと導きます。

フォルカンの服用方法

服用量

カンジダ症の場合

1日1回、1回50~100mgを服用してください。症状が重たい場合は1日400mgまで増量可能です。

カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎の場合

150mgを1回服用してください。

クリプトコッカス症の場合

1日1回、1回50~200mgを服用してください。症状が重たい場合は1日400mgまで増量可能です。

造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防の場合

1日1回、1回400mgを服用してください。

※好中球減少症が予想される数日前から服用することが推奨されています。
※好中球数が1000/mm3を超えてから7日間服用することが推奨されています。

タイミング

服用のタイミングに特に指定はありません。
毎日服用する際は飲み忘れを防ぐため同じ時間に服用してください。

フォルカンの注意点

食事の影響の有無

フォルカンは食事の影響を受けません。

アルコールの影響の有無

フォルカンはアルコールの影響を受けません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ハルシオン (トリアゾラム)
併用により成分の血中濃度が上昇し、フルコナゾールの作用が強く現われるおそれがあります。
クリミアン配合錠 (イソプロピルアンチピリン・エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン、ジヒドロエルゴタミン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、酒石酸ジヒドロエルゴタミン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の副作用を引き起こすおそれがあります。
キニジン (キニジン、グルコン酸キニジン、ポリガラクツロン酸キニジン、キニジン硫酸塩水和物、キニジンフェニルエチルバルビツール酸塩)
併用により成分の血中濃度が上昇し、QT延長、Torsades de pointesを引き起こすおそれがあります。
オーラップ (ピモジド )
併用により成分の血中濃度が上昇し、QT延長、Torsades de pointesを引き起こすおおそれがあります。
アスナプレビル (スベンブラ)
併用により成分の血中濃度が上昇し、肝胆道系の副作用が重症化するおそれがあります。
ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル (ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル)
併用により成分の血中濃度が上昇し、肝胆道系の副作用が重症化するおそれがあります。
カルブロック (アゼルニジピン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、アゼルニジピンのAUC上昇が報告されています。
レザルタス配合錠 (オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、アゼルニジピンのAUC上昇が報告されています。
ジャクスタピッド (ロミタピドメシル酸塩)
併用により成分の血中濃度が上昇し、ロミタピドの血中濃度が上昇するおそれがあります。
ロナセン (ブロナンセリン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、フルコナゾールの作用が強く現われるおそれがあります。

併用注意

併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
ワルファリン (ワルファリン、ワルファリンナトリウム、ワルファリンカリウム)
併用により成分の血中濃度が上昇し、プロトロンビン時間の延長や著しいINR上昇、出血傾向を引き起こすおそれがあります。
フェニトイン (フェニトイン、フェニトインナトリウム)
併用により成分の血中濃度が上昇し、フェニトインの作用を強くするおそれがあります。
イブプロフェン (イブプロフェン、イブプロフェンピコノール、イブプロフェンアルミニウム、イブプロフェンL-リシン、イブプロフェンアルギニン塩、イブプロフェンナトリウム)
併用により成分の血中濃度が上昇し、イブプロフェンの作用を強くするおそれがあります。
フルルビプロフェン (フルルビプロフェン、フルルビプロフェンアキセチル、フルルビプロフェンナトリウム、エスフルルビプロフェン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、フルルビプロフェンの作用を強くするおそれがあります。
セレコキシブ (セレコキシブ)
併用により成分の血中濃度が上昇し、セレコキシブの作用を強くするおそれがあります。
ロサルタン (ロサルタン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、ロサルタンの作用を強くするおそれがあります。
HMG-CoA還元酵素阻害薬 (フルバスタチン、フルバスタチンナトリウム、アトルバスタチン、アトルバスタチンカルシウム、アトルバスタチンカルシウム水和物、アトルバスタチンカルシウムプロピレングリコールソルベート、シンバスタチン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
カルバマゼピン (カルバマゼピン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、悪心・嘔吐、めまい、複視などを引き起こすおそれがあります。
ミダゾラム、エプレレノン 、メタドン (ミダゾラム、エプレレノン 、メタドン、メサドン塩酸塩)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
カルシウム拮抗薬 (カルシウムチャネルL型遮断薬、カルシウムチャネルN型遮断薬、カルシウムチャネルT型遮断薬、カルシウムチャネルα2δ遮断薬、レルカニジピン、フマル酸ブロビンカミン、バタニジピン塩酸塩、フルスピリレン、ロメリジン塩酸塩、ベルホスジル、クレンチアゼムマレイン酸塩、フロルジピン、ホステジル、リドフラジン、テルジピン塩酸塩)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬 (ビンクリスチン、ビンクリスチン硫酸塩、ビンブラスチン、ビンブラスチン硫酸塩
エリスロマイシン (エリスロマイシン 、エリスロマイシンエストレート、エリスロマイシンエチルコハク酸エステル 、エリスロマイシンラクトビオン酸塩 、エリスロマイシンステアリン酸塩 、エリスロマイシンアシストラート、エリスロマイシングルセプタート、エリスロマイシンプロピオナート、エリスロマイシンサルナセジン、エリスロマイシンチオシアナート、エリスロマイシンスチノプラート)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
タクロリムス、シクロスポリン (タクロリムス水和物、シクロスポリン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くする、及び腎障害を引き起こすおそれがあります。
リファブチン (リファブチン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
リトナビル、サキナビル、オキシコドン (リトナビル、サキナビル、サキナビルメシル酸塩、オキシコドン、オキシコドン塩酸塩、複方オキシコドン、テレフタル酸オキシコドン、オキシコドン塩酸塩水和物)
併用により成分の血中濃度が上昇し、AUが上昇するおそれがあります。
トルバプタン (トルバプタン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、トルバプタンの作用を強くするおそれがあります。
イブルチニブ (イブルチニブ)
併用により成分の血中濃度が上昇し、イブルチニブの副作用が強く出るおそれがあります。
フェンタニル、リバーロキサバン、テオフィリン (フェンタニル、フェンタニルクエン酸塩、フェンタニル塩酸塩、リバーロキサバン、リバロキサバン、テオフィリン、酢酸テオフィリンナトリウム、テオフィリン水和物、テオフィリンナトリウムグリシナート)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
黄体・卵胞ホルモン配合剤 (レボノルゲストレル、エトノゲストレル、ウリプリスタル酢酸エステル、エチニルエストラジオール、エストラジオール吉草酸エステル、デソゲストレル、ジエノゲスト)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の作用を強くするおそれがあります。
スルホニル尿素系血糖降下薬 (スルホンアミド系スルホニル尿素受容体作動薬、クロルプロパミ、グリベンクラミド、グリブリド、トルブタミド、トルブタミドナトリウム)
併用により成分の血中濃度が上昇し、低血糖を引き起こすおそれがあります。
ナテグリニド (ナテグリニド)
併用により成分の血中濃度が上昇し、ナテグリニドのAUC上昇及び血中濃度半減期の延長を引き起こすおそれがあります。
>トレチノイン (トレチノイン)
併用により成分の血中濃度が上昇し中枢神経系の副作用を引き起こすおそれがあります。
ジアゼパム (ジアゼパム)
併用によりジアゼパムのAUC上昇及び血中濃度半減期の延長を引き起こすおそれがあります。
トファシチニブ (トファシチニブ、タソシチニブ)
併用によりトファシチニブのAUCやCmaxが増加するおそれがあります。
シクロホスファミド (シクロホスファミド、シクロホスファミド水和物)
併用により成分の血中濃度が上昇し、ビリルビンやクレアチニンが上昇するおそれがあります。
アミトリプチリン、ノルトリプチリン (アミトリプチリン、ノルトリプチリン、ノルトリプチリン塩酸塩)
併用により成分の血中濃度が上昇し、上記の成分の副作用を強めるおそれがある。
ジドブジン (ジドブジン)
併用により成分の血中濃度が上昇し、ジドブジンの効果や副作用を強めるおそれがある。
三酸化二ヒ素 (三酸化二ヒ素、三酸化ヒ素、亜ヒ酸)
併用によりQT延長、心室頻拍を引き起こすおそれがある。

服用できない方

  • ・フルコナゾールに対して過敏症の既往歴のある患者
  • ・トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル、アゼルニジピン、オルメサルタン メドキソミル・アゼルニジピン、ロミタピド、ブロナンセリンを投与中の方
  • ・妊娠、または妊娠の可能性がある方

副作用

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、血液障害、急性腎障害、肝障害、意識障害、痙攣、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、間質性肺炎、偽膜性大腸炎

その他の副作用

肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、LDH、ビリルビンの上昇、黄疸
皮膚 発疹、剥脱性皮膚炎
消化器 悪心、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛、口渇、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁
精神神経系 頭痛、手指のこわばり、めまい、傾眠、振戦
腎臓 BUN、クレアチニンの上昇、乏尿
代謝異常 低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖
血液 好酸球増多、好中球減少
その他 浮腫、発熱、倦怠感、熱感、脱毛、味覚倒錯、副腎機能不全

保管方法

・高温や多湿、直射日光を避けて保管してください。
・お子様などの誤飲を防ぐため手の届かない場所へ保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。