【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ラミシールクリーム(テルビナフィン)

ラミシールクリーム(テルビナフィン)1 ラミシールクリーム(テルビナフィン)2 ラミシールクリーム(テルビナフィン)3 ラミシールクリーム(テルビナフィン)4
  • 性病/感染症
  • カンジダ・トリコモナス

0件のレビュー

ラミシールクリーム(テルビナフィン)は日本国内でも処方されている膣カンジダ症に対して効果を発揮する治療薬です。
クリームに配合されている有効成分のテルビナフィンは、真菌に対して高い殺菌効果を持つため膣カンジダ以外にも真菌が由来となっている水虫や癜風などの感染症に対しての治療にも使われています。
ラミシールクリームは日本国内でも認可、処方されている成分のため、確実な治療効果に期待できるため安心してご利用いただけます。

店長のオススメポイント

  • クリームタイプで使い方が簡単な治療薬
  • 国内処方のものと成分やその配合量が一緒だから安心して使える

ラミシールクリーム(テルビナフィン) 30g

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
30g × 1本 ¥4,628(¥4,628/本) ¥2,000(¥2,000/本) 60pt
30g × 2本 ¥4,628(¥2,314/本) ¥3,460(¥1,730/本) 103pt
30g × 3本 ¥6,600(¥2,200/本) ¥4,650(¥1,550/本) 139pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 ラミシールクリーム(テルビナフィン)
成分 テルビナフィン
効果 カンジダ
副作用 発疹、色素沈着、疼痛など
飲み方 1日1回患部に塗布します。
製造元 Santa Farma

PRODUCT DETAIL商品詳細

ラミシールクリーム(テルビナフィン)の効果

テルビナフィンがスクアレンエポキシターゼの働きを阻害し、真菌の細胞膜に含まれるエルゴステロールの合成を抑制します。

エルゴスレロール合成が阻害されることによって、細胞膜合成が行われないようになることで真菌は死滅し、真菌を原因とした膣カンジダ症などを改善へと導きます。

ラミシールクリーム(テルビナフィン)の服用方法

服用量

1日1回、適量を患部に塗布します。
塗布量に比例して効果が増大するといったことはなく、副作用のリスクが高まるため塗りすぎには注意してください。
誤って目に入った場合は、流水で十分に洗い流してください。

タイミング

塗布するタイミングの指定はありません。
起床後や就寝前など、都合の良いタイミングで塗布してください。

ラミシールクリーム(テルビナフィン)の注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

ありません。

服用できない方

  • ・テルビナフィンに対し過敏症の既往歴のある患者

副作用

重大な副作用

ありません。

その他の副作用

過敏症 発疹、血管浮腫、蕁麻疹、掻痒症、紅斑
適用部位 発疹、皮膚乾燥、疼痛、色素沈着、皮膚灼熱感、接触皮膚炎、発赤、刺激感、鱗屑、落屑、皮膚亀裂

保管方法

・直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
・乳幼児、小児の手の届かないところで保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。