【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

バイスマ

バイスマ1 バイスマ2 バイスマ3 バイスマ4
  • ED治療薬
  • バイアグラ

0件のレビュー

バイスマはバイアグラのジェネリック医薬品です。

海外で製造されたジェネリック医薬品でありながら、パッケージには日本語が使われており海外の言葉がわからない場合でも安心して使えるのが魅力となっています。
配合されている成分はバイアグラジェネリックであるため、バイアグラと同じシルデナフィルです。

シルデナフィルは勃起を抑制する酵素の働きを阻害して正常に勃起できる状態へと導き、勃起力を持続してくれるため、中折れなどの症状の改善にも利用されます。

店長のオススメポイント

  • 日本語のパッケージで成分や名称がわかりやすい
  • 早漏に対して効果を発揮するバージョンもある

バイスマ 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 4錠 ¥2,000(¥500/錠) ¥1,600(¥400/錠) 48pt
50mg × 20錠 ¥10,000(¥500/錠) ¥7,550(¥378/錠) 226pt
50mg × 40錠 ¥20,000(¥500/錠) ¥12,500(¥313/錠) 375pt

バイスマ 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 4錠 ¥2,000(¥500/錠) ¥1,650(¥413/錠) 49pt
100mg × 20錠 ¥10,000(¥500/錠) ¥7,780(¥389/錠) 233pt
100mg × 40錠 ¥20,000(¥500/錠) ¥12,500(¥313/錠) 375pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 バイスマ
成分 シルデナフィル
効果 ED改善
副作用 動悸、頭痛、口の渇きなど
飲み方 性行為1時間前に1回25~50mgを水かぬるま湯で服用する。
製造元 Lecmez

PRODUCT DETAIL商品詳細

バイスマの効果

バイスマの効果はEDの改善です。

体内では勃起を促す物質とそれを壊して勃起を抑制する酵素のバランスが保たれていますが、ストレスや体調不良などの原因によって、バランスが崩れ勃起を抑制する酵素が優位になると興奮しても勃起しなくなってしまったり、興奮して勃起できても次第に酵素が優位になって中折れしてしまいます。

バイスマに配合されているシルデナフィルは、勃起を抑制する酵素を破壊し正常に勃起できるようにバランスを整え、勃起を維持します。

バイスマの服用方法

服用量

1日1回、シルデナフィル25mg~50mgを水かぬるま湯で服用します。
1日の服用上限は1回であり、服用後は24時間以上の時間を空けて服用する必要があります。

タイミング

シルデナフィルの最大血中濃度到達時間は空腹時で1時間程度となっています。
そのため、性交渉を行う1時間程前に服用するのが推奨されています。
最高血中濃度到達後、緩やかに低下し効果は五時間程継続します。

バイスマの注意点

食事の影響の有無

バイスマと先発薬であるバイアグラで、食事の有無と最大血中濃度(効果が最大限に発揮される状態)に関する臨床が行われています。
空腹時に服用した場合、最大血中濃度に到達するまでに要した時間は1時間程度。
一方、食事をとって服用した場合、最大血中濃度に到達するまでに要した時間は3時間程度。
と、最大血中濃度に到達するまでにかかる時間が3倍程違っていました。
そのため、同じシルデナフィルを配合しているバイスマも同様に食事の影響を受けるといえます。

アルコールの影響の有無

バイスマに配合されているシルデナフィルはアルコールの影響を受けてしまいます。
アルコールそのものに、勃起や射精を抑制する効果があるため過度にアルコールを摂取してしまうとバイスマの効果を十分に得られなくなってしまいます。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩(アミオダロン塩酸塩)  QTc延長があらわれるおそれがあるという報告があります。
ミリスロール、ニトログリセリン、ニトロダーム、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ミリスロール、メディトランス、ニトロペン、亜硝酸アミル、エトロール、フランドル、急頃ナール、硝酸イソソルビド、愛トロール、一硝酸イソソルビド(NO供与剤及び、硝酸剤) シルデナフィルと同じ血圧を低下させる作用を持つため過剰な低血圧になってしまうリスクがあります。
アデムパス(sGC刺激剤) 降圧作用が重複することで全身の血圧が下がりすぎてしまうため併用は禁止されています。
グレープフルーツジュースや果実 シルデナフィルの分解酵素の働きを抑え効果が強くなってしまう可能性があります。

併用注意

アムロジピンなど(降圧剤) 降圧作用が増強したという報告があります。
アーチスト、アロチノロール塩酸塩、イフェンプロジル酒石酸塩、ウインタミン、エブランチル、オーラップ、オランザピン、カルデナリン、カルベジロール、クエチアピン、クロザリル、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、サアミオン、シクレスト、ジプレキサ、シロドシン、セチプチリンマレイン酸塩、セロクエル、セロクラール、タムスロシン塩酸塩、テシプール、デタントール、テトラミド、ドキサゾシン、トランデート、ナフトピジル、ニセルゴリン、ハイトラシン、バソメット、ハルナール、パルナック、ビプレッソ、ヒルナミン、フリバス、ミニプレス、ミルタザピン、ユリーフ、ラベタロール塩酸塩、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、リフレックス、レギチーン、レボトミン、レボメプロマジン、レメロン、ローガン(α遮断薬) 降圧作用でめまいなどを自覚したという報告があります。
アナストロゾール、アプレピタント、アリミデックス、イトラコナゾール、イトリゾール、イメンド、エクリラ、エリスロシン、エリスロマイシン、エンペシド、オラデオ、オラビ、カイロック、カソデックス、カレトラ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、クロトリマゾール、ケトコナゾール、ザーコリ、ザンタック、サンディミュン、シクロスポリン、ジフルカン、シメチジン、ジョサマイ、ジョサマイシン、タオン、タガメット、ダクルインザ、ダフクリア、ディアコミット、テネリア、デプロメール、ニゾラール、ネイリン、ネオーラル、ノウリアスト、ノービア、ノクサフィル、ノフロ、ノルフロキサシン、パーロデル、バクシダール、パドパリン、パピロック、ビカルタミド、ブイフェンド、プリジスタ、ブリリンタ、フルコナゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、プレバイミス、プロイメンド、プロジフ、プロセキソール、ブロモクリプチン、ブロモクリプチンメシル酸塩、フロリード、ボノサップ、ホメピゾール、ボリコナゾール、マインベース、マリオットン、ミコナゾール硝酸塩、ラニチジン、ラパリムス、ラベキュア、ルコナック、ルボックス、ルリコン、レイアタッツ、レクシヴァ、ロズリートレク(チトクロームP450 3A4阻害薬) シルデナフィルの代謝速度が低下し、シルデナフィルが体に長くとどまるためさまざまな副作用のリスクが高まります。
D・E・X、アーリーダ、アクトス、アストモリジン、アフタゾロン、アプレピタント、アメナリーフ、アレビアチン、イソミタール、イメンド、インテレンス、エリザス、オイラゾン、オルガドロン、カルバマゼピン、サンテゾーン、ジャドニュ、ストックリン、スンベプラ、ゼルボラフ、ソルコート、タフィンラー、タルグレチン、テイカゾン、デカドロン、デキサート、デキサメサゾン、デキサメタゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、テグレトール、デフェラシロクス、トラクリア、トランコロン、ノーベルバール、ノーモサング、ピオグリタゾン、ビジュアリン、ヒダントール、フェノバール、フェノバルビタール、プロイメンド、プロメタゾン、ボアラ、ホストイン、ボセンタン、ミコブティン、メサデルム、メサペイン、モディオダール、リファジン、リファンピシン、リフキシマ、リメタゾン、ルピアール、レナデックス、ワコビタール(チトクロームP450 3A4誘導薬) シルデナフィルを代謝する酵素の誘導作用があるため、シルデナフィルの代謝が早まり血中濃度が十分に上昇せず効果が低下してしまいます。
ハンプ(カルペリチド) 降圧作用が2重に働くことで、過度な低血圧となってしまう可能性があります。

服用できない方

  • ・心臓血管系の障害を患っている方
  • ・重度肝臓機能障害がある方
  • ・心筋梗塞や脳出血、脳梗塞の既往歴が半年以内にある方
  • ・低血圧や高血圧の方
  • ・妊娠中の女性の方

副作用

ほてり、胸痛、動悸、頻脈、高血圧、不整脈、心筋梗塞、低血圧、湿疹、不完全右脚ブロック、頭痛、めまい、傾眠、昏迷、異常感覚、四肢痙攣、記憶力低下、興奮、緊張更新、思考以上、神経炎、神経過敏、神経症、不安、不眠、無気力、AST増加、ALT増加、LAP増加、LDH増加、血中トリグリセリド増加、γ-GTP増加、血清リン脂質上昇、血中アミラーゼ増加、血中アルブミン減少、血中ビリルビン増加、総蛋白減少、悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛、おくび、胃炎、胃不快感、下痢、口唇乾燥、舌障害、白舌、便秘、腹部膨満、嚥下障害、便秘、陰茎痛、朝立ちの延長、半勃起持続、勃起の延長、持続勃起、射精障害、尿路感染、前立腺疾患、関節痛、背部痛、骨痛、筋肉痛、呼吸障害、咽頭炎、軌道感染症、副鼻腔炎、鼻出血、鼻閉、鼻炎、掻痒症、脱毛症、男性型多毛症、発汗、皮膚乾燥、皮膚障害、後半、眼瞼掻痒症、発疹、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、リンパ球減少症、赤血球減少症、ヘマトクリット増加、リンパ球増加症、好酸球増加症、赤血球増加症、白血球増加症、眼充血、結膜炎、視覚障害、眼乾燥、眼痛、彩視症、屈折障害、光視症、味覚異常、味覚消失、流涙異常、羞明、霧視、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴、視力低下、CK増加、熱感、BUN増加、インフルエンザ症候群、リンパ節症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、血中尿酸増加、ウロビリノーゲン陽性、尿中蛋白質陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽性、無力症、疲労、過敏正反応、感染症、疼痛

保管方法

・子供の誤飲を避けるため子供の手の届かない場所に保管しましょう。
・高温多湿を避けた冷暗所で保管します
・一度シートから取り出した錠剤の保管はできません。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。