【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

デュオビル

デュオビル1 デュオビル2 デュオビル3 デュオビル4
  • コンジローマ

0件のレビュー

デュオビルはAIDSの原因となるHIVの増殖を抑え、AIDSの発症を妨げるHIV治療薬「コンビビル」のジェネリック医薬品です。
デュオビルとコンビビルは配合されている成分も全く同じジドブジン、ラミブジンで同様の効果に期待できます。
HIV治療はウイルスの増殖を抑えて発症を防ぐ以外の方法は現状ではまだないですが、13か月にわたって行われた治験では治療を行わなかった場合のAIDS発症率は20%だったのに対し、治療薬を用いた場合は9%と大幅に発症を抑制したという結果がでているため、確かな効果があります。

店長のオススメポイント

  • HIVウイルスの増殖を抑制する
  • 一般的に使われているHIV感染症治療薬

デュオビル

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
60錠 ¥4,800(¥80/錠) ¥4,200(¥70) 126pt
120錠 ¥9,000(¥75/錠) ¥8,000(¥67) 240pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 デュオビル
成分 ジドブジン、ラミブジン
効果 HIVウイルス抑制
副作用 発熱、筋肉の痛み、下痢など
飲み方 1日2回、1回1錠を水またはぬるま湯で服用します。
製造元 Cipla

PRODUCT DETAIL商品詳細

デュオビルの効果

デュオビルの有効成分であるジドブジン、ラミブジンともにHIVの複製を阻害することで、増えることを抑制します。

デュオビルはHIVの増殖を抑制することで、免疫力が低下し日和見感染症を発症してしまうAIDSとなるのを防ぎます。

デュオビルの服用方法

服用量

1回1錠を1日2回服用します。

タイミング

服用のタイミングに関する規定はありません。
飲み忘れがあった場合は、気づいた時点ですぐに1回分を服用します。
しかし、次の服用タイミングが近い場合は、飲み忘れた回の服用は飛ばし、次回のタイミングで1回分を服用します。
そのため、飲み忘れがあったとしても、2回分の錠剤を一度に服用することはありません。

デュオビルの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

イブプロフェン、イブリーフ、スタデルム、ブルフェン、ベシカム(ブルフェン) ジドブジンと併用投与した場合、血友病患者において出血傾向が増強することがあります。

併用注意

ペンタミジンイセチオン酸塩、ピリメタミン(国内未発売)、スルファメトキサゾール・トリメトプリム、フルシトシン、ガンシクロビル、インターフェロン、ビンクリスチン硫酸塩、ビンブラスチン硫酸塩、ドキソルビシン塩酸塩 (ベナンバックス、ピリメタミン、ダイフェン、バクタ、バクトラミン、アンチコル、ガンシクロビル、デノシン、オンコビン、エクザール、アドリアシン、ドキシル、ドキソルビシン塩酸塩、スミロフェン、ベタフェロン、フエロン、アボネックス、イムノマックス、ペガシス、ペグイントロン)
ジドブジンの毒性作用が増強されることがあります。
プロベネシド (ベネシッド)
ジドブジンの排泄が阻害され、全身クリアランスが約1/3に減少し半減期が約1.5倍延長したとの報告がある
フルコナゾール、ホスフルコナゾール (ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ)
ジドブジンの最高血中濃度が80%近く上昇したとの報告があります。
リトナビル (ノービア)
ジドプシンの代謝が強まり、最高血中濃度が3割程減少するという報告があります。
リファンピシン (リファジン、リファピシン)
ジドプシンの代謝が強まり、血中濃度が約1/2減少するという報告があります。
フェニトイン (アレビアチン、ヒダントール)
血中フェニトイン濃度が約1/2に減少する、上昇するといった報告があります。
サニルブジン サニルブジンの効果が減弱するとの報告があります。
リバビリン (コペガス、レベトール、リバビリン)
ジドブジンの効果が減弱するとの報告があります。
アトバコン (サムチレール)
ジドブジンの血中濃度が高まります。長期で服用する場合は副作用のリスクが高まります。
スルファメトキサゾール・トリメトプリム (ダイフェン、バクタ、バクトラミン)
ラミブジンの排泄が抑制され、副作用のリスクが高まります。
ソルビトール 経口ソルビトール溶液とラミブジンの併用で、ラミブジンの吸収が抑制されたという報告があります。

服用できない方

  • ・好中球数750/mm3未満又はヘモグロビン値が7.5g/dL未満に減少した方(ただし原疾患であるHIV感染症に起因し、本剤又は他の抗HIV薬による治療経験が無いものを除く)
  • ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • ・イブプロフェン投与中の方

副作用

重大な副作用

重篤な血液障害、乳酸アシドーシス、脂肪沈着による重度の肝腫大、膵炎、横紋筋融解症、ニューロパシー、錯乱、痙攣、てんかん用発作、心不全

その他の副作用

血液 平均赤血球容積(MCV)増加、リンパ球減少、リンパ節症
消化器 嘔気、下痢、腹痛、嘔吐、食欲不振、胃炎、鼓腸放屁、消化不良、便秘、口内潰瘍、嚥下困難、口唇浮腫、舌浮腫、あい気、歯肉出血、直腸出血、痔核、腹部痙直
全身症状 倦怠感・疲労、体脂肪の再分布/蓄積(胸部、体幹部の脂肪増加、末梢部、顔面の脂肪減少、野牛肩、血清脂質増加、血糖増加)、発熱、疼痛、頭痛、体重減少、無力症、胸痛、全身痛、悪寒、感冒症状、背痛、体温調節障害、インフルエンザ様疾患
肝臓 肝機能検査値異常(AST、ALT等の上昇)
筋骨格 骨痛・筋痛、ミオパシー、CK上昇を伴う筋脱力、筋痙直、関節痛
精神・神経系 めまい、うつ病、錯感覚、不眠、末梢神経障害、傾眠、失神、痙攣等の脳症状、活動低下、手足のしびれ感、情緒不安、筋痙攣、振戦、攣縮、痛覚過敏、神経過敏症、健忘症、見当識障害、嗄声、ストレス反応、空間の広がり感、睡眠障害、不安、感情障害
呼吸器 呼吸困難、肺炎、鼻出血、咽頭炎、鼻炎、咳、咽頭痛、気管支炎、副鼻腔炎、耳管炎、呼吸障害、上気道炎
皮膚 発疹、湿疹、ざ瘡・毛嚢炎、そう痒、皮膚炎、脱毛
過敏症 アレルギー反応
腎臓 頻尿、排尿障害、腎不全、無尿、多尿、血清クレアチニン上昇
循環器 心筋症、血管拡張
代謝・内分泌系 トリグリセリド上昇・血清コレステロール上昇、血中尿酸上昇、CK上昇、高乳酸塩血症、血清アミラーゼ上昇、脱水、高血糖、重炭酸塩低下、総蛋白低下、重炭酸塩上昇、総蛋白上昇、血糖値低下
その他 味覚倒錯、霧視、羞明、弱視、難聴、敗血症、女性化乳房

保管方法

・誤飲を防ぐため子供の手の届かない高所などで保管してください。
・直射日光や高温、多湿を避けた冷暗所で保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。