【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

バスパー・ジェネリック

バスパー・ジェネリック1 バスパー・ジェネリック2 バスパー・ジェネリック3 バスパー・ジェネリック4
  • ED治療薬
  • 睡眠改善(医薬品)

0件のレビュー

バスパー・ジェネリックは海外で認可されている不安障害や不眠症治療薬バスパーのジェネリック医薬品です。
バスパーと同じ有効成分であるブスピロンを配合しており、同一の不眠や不安障害の治療に利用されています。
ブスピロンは依存性や耐性などの可能性もないという研究結果もあり、安全に使える治療薬の一つとなっています。現在、日本国内ではバスパーやそのジェネリックを処方してもらうことはできませんが、個人輸入であれば、簡単に手にして頂けます。

店長のオススメポイント

  • バスパーのジェネリック医薬品
  • 日本国内ではまだ未承認の治療薬

バスパー・ジェネリック 5mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
5mg × 50錠 ¥3,640(¥72/錠) ¥2,780(¥56/錠) 83pt
5mg × 100錠 ¥6,400(¥64/錠) ¥5,080(¥51/錠) 152pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 バスパー・ジェネリック
成分 ブスピロン
効果 不眠症改善
副作用 倦怠感、耳鳴、嘔気など
飲み方 1回1錠を、1日2~3回服用します。
製造元 Deva Holdings

PRODUCT DETAIL商品詳細

バスパー・ジェネリックの効果

バスパージェネリックの有効成分であるブスピロンの作用機序は完全には解明されていません。

これまでの研究で解明されているのは、セロトニン受容体に作用することでセロトニンの減少を抑え、イライラやストレス、倦怠感などを抑えます。

セロトニン受容体以外にも、GABA受容体、ドパミン受容体にも作用するという結果が出ています。

これらの作用により不安を取り除き、リラックスした状態に導きます。

バスパー・ジェネリックの服用方法

服用量

1回あたり1錠(5mg)を水またはぬるま湯で服用します。
2,3日毎に効果の有無や強さなどによって服用量を増減させることができます。
1日あたりの上限服用量は12錠(60mg)となっています。

タイミング

1日2回~3回服用しますが、タイミングは毎日同じタイミングで服用することが推奨されています。
食事によって効果が高まるため、朝夕食後または朝昼夕食後の服用が推奨されています。

バスパー・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事をとっている方がブスピロンの効果が高まるとされているため、食事はなるべくとるようにしましょう。

アルコールの影響の有無

研究ではアルコールの影響はないという結果が出ていますが、併用は避けるのが推奨されています。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

グレープフルーツ グレープフルーツなどに含まれるフラノクマリン類がブスピロンの血中濃度を高め、効果が強まり副作用のリスクが高まります。

併用注意

MAO阻害薬 (エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン)
高血圧が発生したという報告があります。
ジアゼパム 軽微な有害作用がみられました。
ハロペリドール 血中ハロペリドール濃度の上昇が確認されています。
ネファゾドン 血中ブスピロン濃度の著しい上昇が報告されています。
トラゾドン ALTの上昇が確認されています。
向精神薬 (ジアゼパム、ベラパミル)
血中ブスピロン濃度が増加しました。
CYP3A4阻害薬 (オラビ、フロリード、ミコナゾール硝酸塩、ザンタック、ラニチジン、ブリリンタ、ニゾラール、ケトコナゾール、エリスロマイシン、エリスロシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、マリオットン、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノービア、ダクルインザ、カレトラ、プレバイミス、ザーコリ、ネイリン、ロズリートレク、エンペシド、クロトリマゾール、タオン、カイロック、タガメット、シメチジン、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ダフクリア、テネリア、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルコナック、パーロデル、パドパリン、ブロモクリプチン、ブロモクリプチンメシル酸塩、プロセキソール、ジョサマイシン、ジョサマイ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、マインベース、イトリゾール、イトラコナゾール、ノクサフィル、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、ラパリムス、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、ノウリアスト、オラデオ)
ブスピロンの代謝が阻害されるため、血中濃度が上昇するおそれがあります。
エリスロマイシン 血中ブスピロン濃度が上昇しました。
リファンピン 血中濃度が低下し、効果が低下したという研究結果があります。

服用できない方

  • ・ブスピロンに対して過敏症の既往歴がある方
  • ・重度の腎機能障害の方
  • ・アルコール、催眠薬、鎮痛薬、または抗精神病薬による急性中毒の方
  • ・てんかんの方
  • ・高所など危険な場所での作業や運転をする方

副作用

重大な副作用

中枢神経障害

その他副作用

精神障害 神経質、不眠症、注意力の乱れ、うつ病、混乱状態、睡眠障害、怒り、興奮、精神病性障害、幻覚、離人症、情動不安定
神経系障害 めまい、頭痛、傾眠、セロトニン症候群、けいれん、錐体外障害、歯車の硬直、ジスキネジア、ジストニア、失神、健忘症、運動失調、パーキンソン症候群、アカシジア、むずむず脚症候群、落ち着きのなさ、知覚異常、協調異常、振戦
感覚器 かすみ目、耳鳴り、視野狭窄
心臓障害 頻脈、胸痛
呼吸器及び縦隔 鼻づまり、咽頭喉頭痛
消化器 吐き気、腹痛、口渇、下痢、便秘、嘔吐
皮膚 冷や汗、発疹、血管性浮腫、斑状出血、蕁麻疹
生殖器系と乳房 乳汁漏出
一般的な障害 倦怠感

保管方法

・高温多湿を避けた場所で保管してください。
・誤飲予防のために小さな子の手の届かない場所に保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。