【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ルネスタ・ジェネリック

ルネスタ・ジェネリック1 ルネスタ・ジェネリック2 ルネスタ・ジェネリック3 ルネスタ・ジェネリック4
  • ED治療薬
  • 睡眠改善(医薬品)

0件のレビュー

ルネスタ・ジェネリックは不眠症の解消を目的としたお薬です。
不眠症にはいくつかのタイプがあり、睡眠薬もそのタイプに合わせて選ぶことで効果を発揮します。
ルネスタ・ジェネリックが効果を発揮する不眠タイプは「横になってもなかなか眠れない(入眠障害)」と「夜中に何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)」の2つです。
効果が現れるまでの時間が早く、成分が体内から消えるまでの時間も短いため、眠くなりやすく、翌朝に残りにくい特徴を持っています。

店長のオススメポイント

  • 入眠障害と中途覚醒に有効
  • 翌朝の目覚めへの影響はほとんど無い

ルネスタ・ジェネリック 2mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg × 50錠 ¥4,500(¥90/錠) ¥3,950(¥79/錠) 118pt
2mg × 100錠 ¥9,000(¥90/錠) ¥7,190(¥72/錠) 215pt

PRODUCT SUMMARY商品概要

商品名 ルネスタ・ジェネリック
成分 エスゾピクロン
効果 不眠症改善
副作用 ふらつき、倦怠感、頭痛、口の渇きなど
飲み方 1日1回、就寝30分前に服用。
製造元 Sun Pharmaceutical

PRODUCT DETAIL商品詳細

ルネスタ・ジェネリックの効果

ルネスタジェネリックは非ベンゾジアゼピン系のGABA_A-BZ受容体作動薬に分類される睡眠薬です。

GABAは脳内などで分泌される神経伝達物質でストレスの軽減や精神を落ち着かせる(リラックス)効果などを担っています。

ルネスタジェネリックの有効成分はGABAの作用を強めることで気持ちを鎮め、眠りやすい環境をサポートします。

この作用は自然の眠りに近いため、翌朝の眠気やふらつきなどといった睡眠薬によくある副作用も小さく、長期間服用しても依存性や耐性が付くリスクも低いです。

ルネスタ・ジェネリックの服用方法

服用量

1日1回、1回につき1錠をお水などで服用してください。

1日の服用上限は3mgとなっているため、1日3mg以上の服用は厳禁です。高齢者は2mgが上限となっています。
効果や副作用を強く感じた場合は半分にして服用してみてください。

タイミング

就寝予定の30分前に服用してください。
30~1時間ほどで効果が現われ始めます。

服用後は高所での作業や車の運転などは危険ですので行わないでください。
睡眠の30分前に1錠を服用します。

ルネスタ・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食後に服用すると成分の吸収が遅くなり、効果が現れるまでの時間が伸びてしまうおそれがあるため、服用前後の食事は控えてください。
空腹時であれば30~1時間ほどで血中濃度が最大になりますが、食後であれば3時間以上かかったという臨床データもあります。

アルコールの影響の有無

中枢神経抑制作用が増強され、めまいなどの副作用が強くなるるおそれがあるため、アルコールとの併用は控えてください。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

筋弛緩薬、中枢神経抑制剤 (プリミドン、アプロバルビタール、メホバルビタール、チオペンタールナトリウム、マレイン酸アセトフェナジン、ヘキソバルビタール、メタルビタール、プロペリシアジン、バルビタール、メトキシプロマジンマレアート、酢酸メパジン、ブトバルビタール、カルフェナジンマレアート、シクロフェナジン塩酸塩、ピペラセタジン、アロバルビタール、ブタルビタール、エテロバルブ、タルブタール、バルベキサクロン、ビニルビタール、ビンバルビタール、プロキシバルバール、ジキシラジン、チオプロパザート、スキサメトニウム、メトヘキシタール、チオペンタール、フェノバルビタール、クロルプロマジン、レボメプロマジン、プロマジン、アセプロマジン、トリフルプロマジン、シアメマジン、クロルプロエタジン、フルフェナジン、ペルフェナジン、プロクロルペラジン、トリフルオペラジン、チオプロペラジン、ブタペラジン、ペラジン、チオリダジン、メソリダジン、ピポチアジン、ペントバルビタール、アモバルビタール、セコバルビタール、シクロバルビタール、チエチルペラジン、ブタバルビタール、チアミラール、非脱分極性筋弛緩薬、スキサメトニウム塩化物水和物、ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物)
併用により抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が増強されるおそれがあります。
麻酔時 (チアミラールナトリウム、チオペンタールナトリウム)
併用により呼吸抑制が引き起こされるおそれがあります。
CYP3A4誘導作用を有する薬剤 (リファンピシン、リファンピシンナトリウム)
併用により本剤の効果を弱くするおそれがあります。
CYP3A4阻害作用を有する薬剤 (イトラコナゾール)
併用により本剤の効果がより強く現れるおそれがあります。

併用禁忌

ありません。

併用注意

ゾピクロン、アモバン、ドラール、アモバンテス、クアゼパム(睡眠障害改善剤) 睡眠導入作用が増強される恐れがあります。
セディール、タンドスピロンクエン酸塩(抗不安薬) 睡眠導入作用が増強される恐れがあります。
モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、コデイン、トラマドール(麻薬性鎮痛薬) 睡眠導入作用が増強される恐れがあります。

服用できない方

  • ・エスゾピクロン、またはゾピクロンに対して過敏症の既往歴のある方
  • ・重症筋無力症の方
  • ・急性閉塞隅角緑内障の方
  • ・肺気腫や肺性心、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している方

副作用

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、依存性、呼吸抑制、肝機能障害、精神症状、意識障害、一過性前向性健忘、もうろう状態

その他の副作用

精神神経系 傾眠、頭痛、浮動性めまい、不安、注意力障害、異常な夢、うつ病、神経過敏、記憶障害、錯感覚、思考異常、感情不安定、錯乱状態
過敏症 発疹、そう痒症
消化器 味覚異常、口渇、口腔内不快感、口内乾燥、下痢、便秘、悪心、消化不良、嘔吐
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTP、ビリルビンの上昇
その他 倦怠感、湿疹、尿中ブドウ糖陽性、尿中血陽性、リビドー減退、筋肉痛、片頭痛、背部痛、高血圧、末梢性浮腫

保管方法

・高温多湿や直射日光を避けて保管してください。
・お子様などの誤飲を避けるため、手の届かないような場所へ保管してください。

COMPARISON類似商品の比較

商品名
ユーザー評価
価格
メーカー

REVIEWSユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

REVIEW FORM投稿フォーム

商品レビューの投稿や返信、いいねは会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。